第5回共襲 超幻獣VSピックアップ3番勝負! 

今年もいよいよあとわずかです.今年の年末年始,メギド72では第5回共襲イベントの開催となりました.これに合わせて,年内いっぱいのピックアップ召喚では「超幻獣撃退大決戦」として,3体のリジェネレイトメギドが確率アップとなっています.

引いたばかりのメギドでも(ハンデがついてスコアが減るものの)☆5のLv60というステータスで戦闘に参加できるのが共襲イベントのお楽しみです.とはいえ,引いたばかりのメギドをどうやって活かそう?となるのも自然な流れ.そこで,ピックアップメギドを入れた超幻獣討伐パーティを組んでみました!どのメギドも楽しい動きをしますよー.

エリゴス(バースト)VSブランムース スキルの連打を叩き込め!

先陣を切るのはエリゴス(バースト)です.エリゴス(バースト)は奥義がすごく特徴的.自身の攻撃力を大幅にアップさせ,またスキルフォトンを強化しますが,2ターンの間封印状態(奥義が使えない状態)になります.ところが,エリゴス(バースト)は「自身が封印状態の時,フォトン容量+2」という特性があります.つまり,奥義の効果として,実質的にこのフォトン容量増加も入っているようなものです.これを存分に使いたい!というパーティがこちら.

攻撃の面では,2ターン目にエリゴスの奥義を使い,さらにフォラスの持っている水獣ソーサラーなどでできるだけ覚醒ゲージを補充しておきます.また,プロメテウスのライブをこのターンに発動しておきます.

プロメテウスのライブは,各フォトンによる追加効果とは別に,「ライブ中,火攻撃で覚醒+1」という効果があります.エリゴスのスキルと覚醒スキルはどちらも火攻撃なので,覚醒+1.特に,覚醒スキルは使用後すぐに再覚醒となるので,直後にまた覚醒スキルを使うことが可能です.

そして3ターン目に,エリゴスがアイビーを使い,そこにフォラスやユフィールのオーブ(災厄の魔櫃)でフォトンを積み上げる(特性によりフォトンは5個まで積めます!)と,アイビーの効果でフォトンがすべてスキルフォトンに変化する,という仕掛けです.プロメテウスがミステリートーチで突風の地形を作ることによって,ダメージが2倍になります.

ということで,あとは覚醒スキルの連打をかましてやりましょう.スキル一つごとにこれだけのダメージを与えることができます.3ターンで1サイクルとなるので,6ターン制限の超幻獣戦ですからもう一度このサイクルを繰り返すことができます!

防御面では,エリゴスはそれほど耐久力が高くありませんので,プロメテウスのライブにはチャージフォトンで回復の効果をつけるようにしておき,またフルーレティのスキルでブランムースにめまいをつけておくこと,暗闇対策にユフィールのスキルで状態異常を無効にしておくことが大事です.

アスタロト(バースト)VSアトラロック 強化と覚醒のチームプレイ!

続いてはアスタロト(バースト)です.討伐対象は滞水地形を使ってくるアトラロック.アトラロック自身も滞水になるので,雷ダメージを派手に叩き込んでやりましょう.

アトラロックにスキルを使わせていると,どんどん威力が増してしまいますので,シャックス(カウンター)またはインプなどで感電をつけるのが重要です.しっかり感電を与えておけば,スキルレベル2くらいまでの攻撃はザガンのスキルでがっちり守ることができます.

はじめのターンはその守りを意識しつつも,アスタロトにスキルをわたしてスキルレベルを上げることができると良いです.それ以外はアスタロトとアンドロマリウスの覚醒を目指しましょう.サキュバス(バースト)は何もしなければ,特性によってターン終了時に覚醒ゲージが+2されます.

2ターン目からは,アスタロトをターゲットして,サキュバスの覚醒スキルを使用します.結果は最高の「運命の人」となり、味方全体に「ダメージ軽減・自然回復・覚醒ゲージ+1」の効果が付きます.この覚醒ゲージ+1によって,アンドロマリウスの奥義がどんどん使えるようになり,全員にスキルフォトンを配ることができるように.そのフォトンでザガンのかばうとシャックスの感電攻撃を行い,サキュバスはまた覚醒スキルを使うことができ,アスタロトは覚醒スキルで雷3連続攻撃ができる,ということになります.あとはスキルフォトンをアスタロトとサキュバスに,チャージやアタックはアンドロマリウスに渡していけば,6ターン目までの間,ほとんどこれだけをひたすら繰り返すことができてしまいます!

ゼパル(カウンター)VSピグソッソ ボルテージMAX!圧巻の怒闘攻勢

ラストはゼパル(カウンター)です.相手はピグソッソ.ゼパル(カウンター)といえばバーサーク,バーサークといえば怒闘,ということでパーティ編成をします.この編成,スコアが稼ぎやすくなる毎日おすすめメギドが4人いるため,その点でもおすすめです.

ポイントはとにかく早くみんなをバーサークさせて,かつ怒闘状態を作ることです.1ターン目にチャージフォトンが多めにとれるようなら,自分以外の味方もバーサークさせられるイポス(カウンター)とゼパル(カウンター)を覚醒させて,ティアマトはフォトンを回さずに特性でバーサークさせます.チャージフォトンが出てこないときはティアマトのスキルで全体の覚醒を進めましょう.イポスのスキルで怒闘にすることも忘れずに.

ピグソッソのスキルや味方のバーサークによって(これはゼパルのマスエフェクトによるもの),ベレトの覚醒も速く進みます.ベレトとティアマトは自身の能力でバーサークさせ,残りの3人はターゲットを指定しない状態でのイポス,またはゼパルの奥義でバーサークさせるのが理想の展開です.

これで準備は整いました.ゼパルの覚醒スキルは,「バーサーク状態の味方にアタックフォトンを一つ追加する,また状態異常と弱体を無効にする」という効果です.これで5人全員にアタックフォトンが追加できます.また,その次にイポスの奥義でゼパルにスキルフォトンを追加すると,ゼパルはアタックで再覚醒,スキルでもう一度アタックフォトンを配る,という動きができるようになります.ベレトの奥義は「味方全体を蘇生,アタック強化,呪い状態」を与えますが,ゼパルの覚醒スキルによって状態異常は無効になっていますので,呪い状態は回避することができて,アタック強化だけをいただくことができます!

という動きで大量のアタックフォトンを生み出す結果,4~5ターン目にはボルテージがMAXまで上がってしまいます.そのまま強力な攻撃を浴びせ続けてみたら,6ターンで77万のダメージを与えてしまいました…なかなか楽しい動きですので,ぜひお試しください.

ということで,駆け足でピックアップ3人の戦術を紹介しました.それでは皆様,よい共襲を…そしてよいお年を!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください