専用霊宝ガミジンとグザファンの戦いをさっそくチェック!

月末は環境変化の季節(?)!

今月末のアップデートで,ベリト(カウンター)とガミジン(カウンター)に専用霊宝が追加されました.月末には専用霊宝の追加が恒例になりましたね.ベリトは元の性能を素直に伸ばす形の変化でしたが,ガミジンは特性がガラッと変わりました.

また,イベント「カジノ! -勝利の方程式-」で新規メギドのグザファンが配布されました.こちらは新戦術「オーラ」を引っさげての登場となりました.オーラは付与すればするほど強化を重ねていくタイプの特殊状態で,装備するオーブの種族が条件となる形です.

ということで,当アジトではガミジンとグザファンをさっそく☆6まで進化させました!今回はこの2体にスポットを当ててみたいと思います.

ガミジン 驚異のダメージ150%上昇

まずはガミジンから.ガミジンは専用霊宝を装備すると特性が変化し,「自分より防御力が低い対象へのダメージが150%上昇する」となります.

上の画像ではガミジンのレベルが最大ではないため防御力が414です(レベル70だと418)特に低いわけでもないですが,相手の防御力を上回るには少し工夫が必要といったところ.今回はこのようなパーティを組んでみました.

リーダーはネルガルで,マスエフェクトによってガミジンに攻撃時の防御無視を付けます.ガミジンは覚醒スキルならもともと防御無視の攻撃ですが,奥義は倍率が低めの連撃なので防御無視が役に立つと考えました.ガミジン自身はオーブに「アザゼル幻獣体」を装備して,奥義の列攻撃ダメージを20%上昇させます.ラウムはスキルでガミジンの覚醒補助と防御力上昇を兼ねることができ,相性がよさそうです(ここはティアマトでも可).それでも防御力が足りないなら,セーレ(ラッシュ)の奥義で防御力は一気に70%アップです.

以上の布陣で挑むのにちょうどいい相手はいるかなと思ったのですが,列で登場する相手は体力が高い相手がぱっと思いつかず.ひとまず選んだのはアバドン(難易度ベリーハード).半端にダメージを与えると強化されるこの相手にガミジンの攻撃は通用するか,結果がこちら.

ラウムのスキルで防御力を上げたことでアバドンの防御力を上回り,フォラスのアタック強化を受けての奥義,なんと1万4千~1万5千のダメージが4連撃!いやあこれは予想以上に強かった.途中の通常アタックも5000近く出ており,すごいことになっていました.今回はネルガルのマスエフェクトによる防御100%無視でしたが,カウンターですのでオーブのホーリーフェイク(最大68%無視)やSSRオーブのハニワキングまたはチーフブレーダー(最大90%無視)でも相当に強そうですし,単体相手であれば覚醒スキルの連打という手もありそうです.

グザファン オーラでどんどん強くなる

つづいてグザファンです.グザファンはイベントで入手の後,急いで☆6まで進化させました.レベルがさすがに上げきれなかったのですが能力はこうなっています.

攻撃力は平均的?ですが,特性として「獣人」のオーブを装備していると攻撃力が20%上昇します.スキル・覚醒スキル・奥義の全てにおいて獣人のオーブを装備していると「勇猛のオーラ」を付与するため,ぜひ装備したいです.勇猛のオーラは1個付与されるごとに攻撃力が5%上昇,ダメージ2%軽減の効果があります.今回のイベントでは獣人オーブの「シルヴェステ」も併せて手に入りますので,ぜひ入手しておきましょう.

ということで,グザファンの真価はオーラをどんどん付与することで発揮されるという考えから,それだけの攻撃に耐える敵ということで選んだのはべインチェイサー(難易度エクストリーム).おなじみの高い防御力で耐久してくることと,トルーパーなので後列を狙ってくるためグザファンのダメージ軽減についてもチェックできそうなので選択しました.パーティ編成はこちら.

グザファンをリーダーとする,いわゆるワンボトム編成により,ベインチェイサーの攻撃をグザファンに集中させます.オーブはシルヴェステで,1ターンごとに自身のスキル強化と防御力上昇ができます.せっかくということで「猛撃」の霊宝を装備してスキル強化を切らさないようにしました.スキル連発のためにナベリウスにミミック,バリアと攻撃力上昇を兼ねてセーレにエンキドゥ,毒の状態異常対策にサレオスとサキュバス(バースト)を入れました.この2人のオーブは特に問いません.このパーティによるベインチェイサー戦の結果はこちらです.

はじめは1しか与えられなかったグザファンのスキルですが,オーラの付与でどんどん攻撃力が上昇し,1300×4のダメージにまで強化されていきました.防御面でもエンキドゥや回復のサポートを受けながらではありますが,ベインチェイサーの集中攻撃を耐え抜くことができたのはすごいと思います.グザファンはイベントをクリアすれば手に入るメギドですので,ぜひこの楽しさを体験してみてください!

【2020年9月版】 オーダーキーの使いどころは?

9月29日12:45追記【重要】

現在ゲームは臨時メンテナンス中ですが,シャミハザのイベント「二つの魂を宿した少年」にてオーダーキーを使ったとき,シャミハザを強化する宝石が出現しない状態だったと教えていただきました.メンテナンス明けに確認してみる予定ですが,記事を読まれた方は少しの間お気を付けください.

15:45 追記更新

臨時メンテナンスが終わり,「ゲーム内のお知らせ」にてシャミハザの宝石が追加されない不具合を解消したとのアナウンス,そして

『メンテナンス前にオーダーキーを使ってしまった方は,新しくオーダーキーを使わずにお待ちください』

との記述があります.ひとまず待っておくことをお願いいたします.

常設イベント 続々追加!

9月末のアップデートで,新たな常設イベント「二つの魂を宿した少年」が追加されました.多くの常設イベントではメギドを仲間にできるので,ガチャなしでもなかなかの戦力が揃うようになってきたのではないでしょうか.また,各イベントで配布されたオーブも,メギドに劣らず役に立つものがたくさんあります.これらのものは,イベントステージをクリアすることで入手できるのとは別に,各イベントに設置されているアイテム交換所でも入手できます.そして,アイテム交換所で交換を終えた品物をもう一度復活させることができるアイテムが「オーダーキー」です.

オーダーキーは,当初にアナウンスされていた通り配布される数がとても少なく,これまでに(私の取り逃しがなければ)6個しか配布されていない貴重品です.そこで,当ブログでは以前にオーダーキーの使いどころについて私のおすすめを紹介しました.それから時間がたって,常設イベントの数も増えてきたということで,2020年9月末におけるオーダーキーの使いどころを改めて考えてみようと思います.

オーダーキーの使いどころ おすすめ早見表

まず最初に,おすすめの度合いを一覧表で示しておきます.個別のイベントについての説明はそのあとに書いていきます.これはあくまでオーダーキーを使うかどうかについての個人的おすすめであり,加入メギドの評価などとは異なります.

注意してほしいのは,オーダーキーを使うタイミングです.アイテム交換所にアイテムが並ぶのは,イベントのストーリーをクリアした時点だけでなく,その先のエクストラステージをクリアした時点で追加されるもの(特にオーブ)があります.ここで紹介しているアイテムが交換所に出ていない場合は,そのイベントを先のステージまでクリアしてみてください.

おすすめ度:大

イベント名加入メギド重要アイテム
上書きされた忠義ブニ(カウンター)槍の幻獣体ブニ,盾の幻獣体ブニ
二つの魂を宿した少年シャミハザ青竜号,ジェルスペクター他

おすすめ度:中

イベント名加入メギド重要アイテム
ソロモン誘拐事件 逃走編
カスピエル(バースト)サタニックリブラ
グラディエーター他
暴走少女と一つ目幻獣の島キマリス(ラッシュ)降魔の爪(贈り物)
プルフラス 復讐の白百合プルフラス(ラッシュ)インサニティ
ウォールバスター他

おすすめ度:小

イベント名加入メギド重要アイテム
ソロモン誘拐事件 悪夢編アガリアレプト(バースト)シアンカラット他
死の国の四冥王ジニマルジンくん
ミミちゃん
背中合わせの正義アンドレアルフス古き厄災の魔女
ヘヴィコング他
BEHEMOTH 前後編ハーゲンティ(バースト)クリス・マウス
ピロリン他
怒れる勇者とプチマゲドンシトリー(ラッシュ)パキラ
ハルマを夢見た少女マルバス(ラッシュ)パトロンデビル
嵐の暴魔と囚われの騒魔ジズ(バースト)ソプラノキティ

おすすめなし(オーダーキーを使う必要は限りなくゼロ)

  • ソロモン王と秘密のアジト
  • ドキドキメギドの保険教室
  • 届かぬ心・モラクスの想い

各イベントのオーダーキーおすすめ理由

それでは,各イベントでどのようにオーダーキーを使うとよいのか,軽くコメントを書いていきます.

上書きされた忠義

アイテム交換所では,盾役のカウンターメギドにとても相性のいい2種類のオーブ,「盾の幻獣体ブニ」「槍の幻獣体ブニ」を1つずつ入手できます.この2つのオーブはイベント中でドロップアイテムとしても出てきますが,出現率がそれほど高くありません.それに対して,各オーブを☆3に進化させるのに,それぞれのオーブがたくさん必要になります.そこで,イベント戦闘をこなしているうちに交換用素材が貯まってきたら,オーダーキーを使ってしまうのも手だと思います.さらに,オーダーキーを使うとブニの奥義レベルと霊宝の匣サイズを大きくできる宝石もショップに並びます.ブニは盾役のカウンターメギドで,特に中サイズの霊宝「極光の金鏡」と相性が良いため,箱サイズを1回大きくするのもメリットが大きいのでおすすめしています.

二つの魂を宿した少年

待機1ターンで敵単体を滞水状態にする「青竜号」は,シャミハザなどの単体へ雷攻撃を得意とするカウンターアタッカーに最適のオーブです.他にも強力なオーブがたくさんあるので,必要に応じてオーダーキーを使いたいところです.そしてシャミハザの霊宝匣は,「轟雷」の中または大霊宝が相性よく,これもオーダーキーを使う目的としては十分かと思います.ブニとは攻撃と防御のどちらを重視するかで考えたいところです.さらに,今月末の激☆魔宴召喚(サバト)で登場するミノソンを引けた場合は雷攻撃の価値が一気に高まるのでシャミハザの強化はさらにおすすめになります.

ソロモン誘拐事件 逃走編

体力が多い時に確率で自動的に味方をかばうオーブ「サタニックリブラ」が特に目玉.「グラディエーター」は高い睡眠耐性の他,サタニックリブラの進化素材になります.ですがどちらも入手確率はかなり低く,オーダーキーで複数手に入れてしまうのが手っ取り早いかもしれません,気になるのは,今のところカスピエル(バースト)に合う霊宝が特にないことで,オーダーキーの数を考えるとそこが悩みどころです.

暴走少女と一つ目幻獣の島

キマリス(ラッシュ)は中サイズの霊宝「情熱のパトス」を3つ装備して,低い体力を補いつつ「猛撃」を発動したいので,匣サイズの拡大を目的にオーダーキーを1回だけ使うというのが個人的なおすすめです.また,キマリスの進化素材の中で随一の大変さである「降魔の爪」も交換できるので,キマリスを育成中の場合はこれを追加で手に入れることもできます.

プルフラス 復讐の白百合

装備者自身にスキルフォトンを2つ追加できる「インサニティ」は,特性の連続ダメージ上昇と合わせて連撃系のラッシュアタッカーと相性抜群です.「ウォールバスター」は後列に1回バリアを張ることができるカウンターのオーブ.インサニティと同様に,ターゲットを取らないオーブは使いこなせるようになると大変強力です.最近では,バラムの専用霊宝による「虚弱」の効果と,このイベントで手に入るオーブ「ムタチオン」ががっちり組み合うようになり評価が高まりました.カスピエルと同じくプルフラス(ラッシュ)が霊宝の恩恵をあまり受けられないのがネックです.

おすすめ度小のイベント

おすすめ度小にしたイベントは,重要オーブこそあるものの,オーダーキーを使わなくても十分な数が手に入るだろうというもので,加入メギドの霊宝匣サイズも今のところ上げる重要性が低いものを選びました(今後の霊宝追加によって変わる可能性はあります).ただ,はじめに書いた通りあくまでも「オーダーキーを使うかどうか」という視点の評価ですので,どのイベントもクリアしてメギドとオーブをしっかり手に入れておくことは大事です.

いかがでしたでしょうか.よければぜひ参考にしてくださるとうれしいです!

イラスト練習&戦術研究 ウェパルの章

イラスト練習,再開!

ううーむ…お久しぶりです.3か月もほったらかしになっておりました.その間メギドのプレイもちょこちょこといった感じで,イベントだけは何とか,といったところ.やっと生活のリズムを整えつつ,いくらかの余裕もできてきたので,メギドのプレイ&このブログも再開です.

再開第一回は,ブログを始めたころにちょっとだけやっていたイラストに挑戦です.これも1年空いているんですね…さぼりまくりでした.ちなみにこちらは自宅のお絵かき環境が液晶タブレットに変わりまして,ちょっとわくわくしています.

もちろんこのブログではメギド関連のイラストを載せていくのですが,せっかくなので自分のアジトで召喚順にイラストを描こうかな?と思ったのですが…現在アジトにはメギドが157体!!週に1体のペースだと3年かかります(実際かかる気がする…)それだと新しいメギドの出番がどんどんなくなっていくということで,召喚順の一番前と後ろから交互にピックアップしていこうかな?と思っています(ただし,6章以降に加入するメギドはネタバレ回避ということで飛ばすつもり).ついでに,そのメギドをパーティに加えて戦術についても考えてみよう!という企画にしていきます.

1体目はウェパル!

さっそく1体目は,アジトに1番目に召喚されたメギド.みんなそうですよね,ウェパルです.イラストはこちら.

…これ,僕の絵?(去年のウェパルは…見たい方は過去ログをどうぞ)

いやあ,そこそこ大きめの液タブはとても良いです.個人差はもちろんあると思いますが,サイズが大きいのは大事です.

ウェパルはストーリー開始時点で必ず加入しているメギドなので,序盤での戦術を考えてみたいとおもったのですが,やはりウェパルは「専用霊宝」を入手することで大きな変化がありますので,そこからの話をしたいと思います.

専用霊宝でスキルが変化

ウェパルの専用霊宝を装備すると,スキルが変化して「自身にアタックフォトンを1つ追加する」という効果が確率50%(☆4以上の場合は60%)から100%になります.確実にアタックフォトンが追加されるということで,作戦に組み込むのがとてもやりやすくなります.特にウェパルは特性およびマスエフェクトで最初のターンにぐっと力を発揮するメギドなので,戸惑うことなく最初のターンにフォトンをウェパルに割り振れる,という安心感が出ます.専用霊宝は,ウェパルのメギドクエストをすべての曜日,すべての難易度でコンプリート(全員生存で勝利)することで作成可能になり,ステージ21までクリアすると必要な素材を揃えることができます.

ウェパルはトルーパーですので,後列の敵に対して与えるダメージが1.5倍になります.ですので,後列のスナイパーを速攻で撃破したいというステージに向いています.専用霊宝を作れるようになった後のステージ22以降で,今回選んだのはステージ34,タイラントワイズ戦です.

前列と後列の役割分担

タイラントワイズは,体力こそそれほど高くありませんが,前列にいる取り巻きのエノイルが混乱攻撃をしてくること,そしてタイラントワイズはそれを「全体化」してくることというのが厄介です.全体化はタイラントワイズのスキルですので,シャックスのスキルで感電させるなどの戦術がありますが,タイラントワイズ自身は後列のスナイパーなので,トルーパーによる攻撃が欲しいところ.かといってエノイルを放っておくのも危険です.

こういう時には前列と後列を別々に攻撃できるとよいですね.敵を誰もターゲットしない場合,トルーパーは後列を,ファイターとスナイパーは前列を優先して狙いますので,ウェパルがタイラントワイズを攻撃して,ほかの誰かがエノイルを攻撃するという作戦を取ってみます.

ということで選んだパーティがこちら.加入したばかりのセーレ(ラッシュ)以外は☆6まで成長していますので,難易度はベリーハードに挑戦します.

前述の通り,ウェパルは最初のターンに攻撃力がぐっと上がりますので,できるだけ速やかに決着をつけることを目標にしました.キマリスは専用霊宝を装備して,覚醒コストが2になっている状態です.キマリスの奥義は味方全体の攻撃力アップとスキルフォトンの強化.これでウェパルとダンタリオン(ラッシュ)のスキルを強化するつもりです.

盾役は,常設のイベント「上書きされた忠義」で仲間にできるブニ.もともと盾役の中では素早さの高いメギドですが,VHだとエノイルよりもすこしだけ遅いので,素早さをあげるオーブの火殻竜を装備します.エノイルのスキルで混乱してしまうとかばうが不確実になりますので,先んじてかばうようにしたいということです(混乱していても,すでに発動した「かばう」の効果はちゃんと発揮されます)

セーレ(ラッシュ)はフォトンの運などで戦いが長引いたときなどに混乱を回復したり,ダンタリオンを封印状態にする役割です.素早さが足りないため,強化役を兼ねてエンキドゥを装備しています.

ということで戦闘の結果がこちら.ブニにスキルを1つ渡すため,ウェパルが独占することはできませんでしたが,1ターン目にタイラントワイズの体力を大きく削っているのがわかると思います.前列はスキルを強化されたダンタリオンがバシッと決めてくれました.

他にもウェパルの使いどころとして,大幻獣ユグドラシル戦でのアタッカー役を以前紹介しました.こちらも興味がある方はご覧ください.

猛撃の霊宝でウェパルをさらに強化!(やり込み度:中)

さらにストーリーを進めると,いろいろな霊宝の素材が集まってきます.ウェパルには,「最初のターン,スキルフォトンが強化される」という猛撃の霊宝が相性抜群です.ただ,ウェパルは専用霊宝を1つ装備させたいため,以前は最低でも1個の大サイズ霊宝が必要でした.もちろん大サイズの霊宝は強力なものですから作って損はないのですが,素材が揃うまでにいくらか先のステージまでクリアする必要があります.ですが今では,「星間の禁域」で手に入る星間の造花と交換で,ウェパルの奥義レベルおよび匣のサイズを上げることが可能になりました.そこで,匣のサイズを1回あげると,専用霊宝(小サイズ)の他に中サイズの霊宝を3つ装備できるようになります(☆6まで進化させる必要があります).猛撃は,中サイズの霊宝3つでも発動しますので,これまでより速く猛撃を発動できるようになったのです.

これは,同じく匣のサイズを上げることができるようになったキマリス(ラッシュ)と同様ですので,紹介記事をあげておきます.この記事の後半が猛撃の中霊宝「情熱のパトス」の入手ガイドとなっています.

ウェパルもキマリスも速攻タイプで,耐久力に不安があるメギドです.そこでHPをあげることができ,さらにダメージの一部を吸収してHP回復が可能になる情熱のパトスはおすすめの霊宝です.さて,これを使って猛撃を得たウェパル,今度はステージ40のボス(難易度ベリーハード)を攻略してみます.この後半は結構やり込み…というか,メギドが揃っている方向けです.今後も前半はやりこみ少なめ,後半はやりこみ要素多めという形をとっていく予定です.

なお,大霊宝に比べて攻撃力の面では劣るため,ウェパル以外のメンバーでサポートする面が若干大きくなっています.大霊宝を持った場合のステージ40攻略は,田下広夢さんが紹介されていますのでそちらも参考にしてください.ウェパルとフォラスの2人がいれば成立してしまうパーティです.

恐ろしい猛撃の世界 5章ラスボスVH2ターンキル(メギド部!)

一方こちらが私のパーティ.田下さんのパーティとほとんど同じですが,攻撃力アップを補助するためにナベリウスがハイドンを持っています.また,その分フォラスの役割がスキル一つだけになったので,ウェパルよりも素早くなるようにメイジマーマンを装備しました.という違いだけですので,さっそく結果をご覧ください.

猛撃と特性による攻撃力アップ+味方のサポートによって,ウェパルはこれだけ強くなる!という回でした.次回も(イラスト含め)お楽しみに!