イラスト練習&戦術研究 ウェパルの章

イラスト練習,再開!

ううーむ…お久しぶりです.3か月もほったらかしになっておりました.その間メギドのプレイもちょこちょこといった感じで,イベントだけは何とか,といったところ.やっと生活のリズムを整えつつ,いくらかの余裕もできてきたので,メギドのプレイ&このブログも再開です.

再開第一回は,ブログを始めたころにちょっとだけやっていたイラストに挑戦です.これも1年空いているんですね…さぼりまくりでした.ちなみにこちらは自宅のお絵かき環境が液晶タブレットに変わりまして,ちょっとわくわくしています.

もちろんこのブログではメギド関連のイラストを載せていくのですが,せっかくなので自分のアジトで召喚順にイラストを描こうかな?と思ったのですが…現在アジトにはメギドが157体!!週に1体のペースだと3年かかります(実際かかる気がする…)それだと新しいメギドの出番がどんどんなくなっていくということで,召喚順の一番前と後ろから交互にピックアップしていこうかな?と思っています(ただし,6章以降に加入するメギドはネタバレ回避ということで飛ばすつもり).ついでに,そのメギドをパーティに加えて戦術についても考えてみよう!という企画にしていきます.

1体目はウェパル!

さっそく1体目は,アジトに1番目に召喚されたメギド.みんなそうですよね,ウェパルです.イラストはこちら.

…これ,僕の絵?(去年のウェパルは…見たい方は過去ログをどうぞ)

いやあ,そこそこ大きめの液タブはとても良いです.個人差はもちろんあると思いますが,サイズが大きいのは大事です.

ウェパルはストーリー開始時点で必ず加入しているメギドなので,序盤での戦術を考えてみたいとおもったのですが,やはりウェパルは「専用霊宝」を入手することで大きな変化がありますので,そこからの話をしたいと思います.

専用霊宝でスキルが変化

ウェパルの専用霊宝を装備すると,スキルが変化して「自身にアタックフォトンを1つ追加する」という効果が確率50%(☆4以上の場合は60%)から100%になります.確実にアタックフォトンが追加されるということで,作戦に組み込むのがとてもやりやすくなります.特にウェパルは特性およびマスエフェクトで最初のターンにぐっと力を発揮するメギドなので,戸惑うことなく最初のターンにフォトンをウェパルに割り振れる,という安心感が出ます.専用霊宝は,ウェパルのメギドクエストをすべての曜日,すべての難易度でコンプリート(全員生存で勝利)することで作成可能になり,ステージ21までクリアすると必要な素材を揃えることができます.

ウェパルはトルーパーですので,後列の敵に対して与えるダメージが1.5倍になります.ですので,後列のスナイパーを速攻で撃破したいというステージに向いています.専用霊宝を作れるようになった後のステージ22以降で,今回選んだのはステージ34,タイラントワイズ戦です.

前列と後列の役割分担

タイラントワイズは,体力こそそれほど高くありませんが,前列にいる取り巻きのエノイルが混乱攻撃をしてくること,そしてタイラントワイズはそれを「全体化」してくることというのが厄介です.全体化はタイラントワイズのスキルですので,シャックスのスキルで感電させるなどの戦術がありますが,タイラントワイズ自身は後列のスナイパーなので,トルーパーによる攻撃が欲しいところ.かといってエノイルを放っておくのも危険です.

こういう時には前列と後列を別々に攻撃できるとよいですね.敵を誰もターゲットしない場合,トルーパーは後列を,ファイターとスナイパーは前列を優先して狙いますので,ウェパルがタイラントワイズを攻撃して,ほかの誰かがエノイルを攻撃するという作戦を取ってみます.

ということで選んだパーティがこちら.加入したばかりのセーレ(ラッシュ)以外は☆6まで成長していますので,難易度はベリーハードに挑戦します.

前述の通り,ウェパルは最初のターンに攻撃力がぐっと上がりますので,できるだけ速やかに決着をつけることを目標にしました.キマリスは専用霊宝を装備して,覚醒コストが2になっている状態です.キマリスの奥義は味方全体の攻撃力アップとスキルフォトンの強化.これでウェパルとダンタリオン(ラッシュ)のスキルを強化するつもりです.

盾役は,常設のイベント「上書きされた忠義」で仲間にできるブニ.もともと盾役の中では素早さの高いメギドですが,VHだとエノイルよりもすこしだけ遅いので,素早さをあげるオーブの火殻竜を装備します.エノイルのスキルで混乱してしまうとかばうが不確実になりますので,先んじてかばうようにしたいということです(混乱していても,すでに発動した「かばう」の効果はちゃんと発揮されます)

セーレ(ラッシュ)はフォトンの運などで戦いが長引いたときなどに混乱を回復したり,ダンタリオンを封印状態にする役割です.素早さが足りないため,強化役を兼ねてエンキドゥを装備しています.

ということで戦闘の結果がこちら.ブニにスキルを1つ渡すため,ウェパルが独占することはできませんでしたが,1ターン目にタイラントワイズの体力を大きく削っているのがわかると思います.前列はスキルを強化されたダンタリオンがバシッと決めてくれました.

他にもウェパルの使いどころとして,大幻獣ユグドラシル戦でのアタッカー役を以前紹介しました.こちらも興味がある方はご覧ください.

猛撃の霊宝でウェパルをさらに強化!(やり込み度:中)

さらにストーリーを進めると,いろいろな霊宝の素材が集まってきます.ウェパルには,「最初のターン,スキルフォトンが強化される」という猛撃の霊宝が相性抜群です.ただ,ウェパルは専用霊宝を1つ装備させたいため,以前は最低でも1個の大サイズ霊宝が必要でした.もちろん大サイズの霊宝は強力なものですから作って損はないのですが,素材が揃うまでにいくらか先のステージまでクリアする必要があります.ですが今では,「星間の禁域」で手に入る星間の造花と交換で,ウェパルの奥義レベルおよび匣のサイズを上げることが可能になりました.そこで,匣のサイズを1回あげると,専用霊宝(小サイズ)の他に中サイズの霊宝を3つ装備できるようになります(☆6まで進化させる必要があります).猛撃は,中サイズの霊宝3つでも発動しますので,これまでより速く猛撃を発動できるようになったのです.

これは,同じく匣のサイズを上げることができるようになったキマリス(ラッシュ)と同様ですので,紹介記事をあげておきます.この記事の後半が猛撃の中霊宝「情熱のパトス」の入手ガイドとなっています.

ウェパルもキマリスも速攻タイプで,耐久力に不安があるメギドです.そこでHPをあげることができ,さらにダメージの一部を吸収してHP回復が可能になる情熱のパトスはおすすめの霊宝です.さて,これを使って猛撃を得たウェパル,今度はステージ40のボス(難易度ベリーハード)を攻略してみます.この後半は結構やり込み…というか,メギドが揃っている方向けです.今後も前半はやりこみ少なめ,後半はやりこみ要素多めという形をとっていく予定です.

なお,大霊宝に比べて攻撃力の面では劣るため,ウェパル以外のメンバーでサポートする面が若干大きくなっています.大霊宝を持った場合のステージ40攻略は,田下広夢さんが紹介されていますのでそちらも参考にしてください.ウェパルとフォラスの2人がいれば成立してしまうパーティです.

恐ろしい猛撃の世界 5章ラスボスVH2ターンキル(メギド部!)

一方こちらが私のパーティ.田下さんのパーティとほとんど同じですが,攻撃力アップを補助するためにナベリウスがハイドンを持っています.また,その分フォラスの役割がスキル一つだけになったので,ウェパルよりも素早くなるようにメイジマーマンを装備しました.という違いだけですので,さっそく結果をご覧ください.

猛撃と特性による攻撃力アップ+味方のサポートによって,ウェパルはこれだけ強くなる!という回でした.次回も(イラスト含め)お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください