大幻獣捕獲コレクション2 ポルターガイスト2パターン

3周年の長いサバト期間に入りました!皆様はどこに狙いを定めているでしょうか?私はひとまずタムスを狙ったものの,残念ながら当たりませんでした…次はログインボーナスやおまけ付き魔宝石をためて,3周年本番のベリアル(バースト)を狙いたいと思っています.

さて大幻獣捕獲コレクション,第2回はポルターガイストです.

チャンスは1ターン!確実に決めたい

ポルターガイストは本体コアと攻撃担当の砲台に分かれた大幻獣です.捕獲のためには砲台を倒して,本体コアだけをHP25%以下で残す必要があります.しかし本体はその特性でほとんどダメージが通りません.その代わりに,毎ターン終了時にHPが最大値の25%ずつ減っていきます.つまり,3ターン目終了時にはHPが25%になっているということです(正確には,ベリーハードの場合HPが奇数のため,25%より1だけ多くHPが残っています.このため,1回だけはコアを攻撃しておいたほうがいいでしょう.)このチャンスに砲台が残っていると,次のターンにはコアが自爆してしまうので,捕獲チャンスは1回のみという事になります.

そして,コアは砲台を蘇生してくるため,3ターン目終了時にきっちりと倒した状態にすることを考えて戦わなければなりません.今回は,3ターン目の終了時にきっちり倒す方法と,そもそも蘇生をさせない方法の2パターンの動画を用意しました.

1つ目の,3ターン目終了時に倒すパターンは,ガープのベインチェイサーを利用するのが良いと思います.ガープ専用オーブのベインチェイサーは,2ターンに1度,防御力の7倍以上のダメージを与えることができるオーブです.2ターンに1度なので,連続で使うことができず,3ターン目までは砲台の攻撃を耐え抜く必要があります.そのためにもっともよいのはグレモリーによる奥義でアタックフォトンからの攻撃をシャットアウトしてしまう事でしょう.もしくは,ガープ奥義で1人だけアタックフォトンからの攻撃を大きく軽減できるので,ガープ本人だけでも耐え抜くという手もあります.

また,3ターン目にベインチェイサーで砲台を倒した直後に蘇生されてしまうと意味がありませんので,ガープの素早さが低いことを逆手にとって,ベインチェイサーを使うのは3巡目にすれば,それ以上このターンに蘇生されることはありませんのでうまく使ってください.

なお,ベインチェイサーのオーブを手に入れるための大幻獣ベインチェイサーエクストリーム戦は,今年前半からの配布メギドで以下のように編成すると,安定して倒すことができると思います.

さて,もう1つの蘇生をさせない方法は,7章中盤まで進めて大幻獣スムドゥスを出現させ,オーブのスムドゥスを手に入れる必要があります.こちらは,フォラスにスムドゥスを持たせると「完殺」という,蘇生ができなくなる状態異常を1ターン目に付与することができるので,砲台に完殺を付けた後で倒してしまえばあとは待つだけとなります.この時は,砲台が火ダメージを2倍受ける特性をいかして,アモン(バースト)の奥義で一気に倒してしまうなどが良いでしょう.このために,ウァサゴやメフィスト(バースト)の覚醒補助を使うことができます.他にも,砲台を一撃で倒すだけの攻撃力があればだれでも構いません.

猛撃の霊宝に欠かせない捕獲素材

ポルターガイストから取れる素材は,ラッシュの系譜「猛撃」の重要なパーツになります.猛撃は「戦闘開始初めの1ターン,スキルフォトンが強化される」というもので,ラッシュにふさわしく速攻をかけるのにとても便利です.その中でも,中サイズの霊宝である「情熱のパトス」や「漆黒のロゴス(そしてその材料のエベーヌフェイス)」を作るのにポルターガイストの素材が必要になります.

特に,情熱のパトスは5章序盤で作成可能になる,最も早い系譜付きの霊宝ですので,手に入れるとその後の攻略がぐっと楽になります.配布メギドであればウェパルやグザファンに持たせると強力です(もっとも中サイズなので,この時点ではウェパルでないと箱サイズが足りません)5章攻略がきついと感じたら,少し腰を据えてこの霊宝作りに挑んでみるのもいいかもしれません.

ブネ(ラッシュ)の専用霊宝はいかに?

捕獲コレクション第3回はユグドラシルの予定なのですが,その1つ目のカギとなるブネ(ラッシュ)には,3周年直前の12月6日に専用霊宝が実装される予定となっています.こちらの性能はまだ公開されていないので,この性能次第で状況が変わるかもしれません.そのため,捕獲の順番が前後したり,第3回まで間が開くかもしれませんがご了承ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください