大幻獣捕獲コレクション 大樹ユグドラシル編

大幻獣捕獲コレクション,今回は大樹ユグドラシルがターゲットです.いつもの通り,捕獲の際には難易度ベリーハードを対象としています.

オーブと専用霊宝で楽になった捕獲

ユグドラシルの捕獲については,以前にも当ブログで紹介しています.その当時は,取り巻きの苗木を倒す役目にブネ(ラッシュ)をリーダー起用して,さらにブネをターゲットに強化する必要がありました.しかし,今ではブネ用の専用霊宝が実装されたこと,そして「自身にアタックフォトンを追加」という効果のオーブであるリャナンシィが登場したことによって,ブネはほぼ単独で苗木を一掃できるようになりました!

専用霊宝でブネが手に入れたのは,この剛剣という能力です.戦闘開始時および,フォトンをブネに1つも渡さなかったターンの終了時に,ブネに剛剣の状態が発生します.そして,フォトンを利用した攻撃(オーブは対象外)によって,剛剣の強力な効果が発揮されて,剛剣状態はなくなるという仕組みです.

そして,ユグドラシル本体に捕獲可能な分のダメージを与える役として,常設イベントで仲間にできるシトリー(ラッシュ)が適任になりました.こちらも専用霊宝によって強化され,奥義の効果が「ハイドロボムが付与されている敵に対してダメージが3倍になる」(もともとは2倍)となりました.これによって,アタック強化などアシストすれば捕獲に十分なダメージを稼げるようになったのです.以前の捕獲法紹介ではこの役目はビフロンス(ラッシュ)をおすすめしていましたが,覚醒コストの差でシトリーのほうがより楽に準備ができると思います.

2つ目のパターン 狂炎地形で捕獲

もう一つは,狂炎地形によるダメージでターン終了時に苗木を残さない戦術です.こちらは,敵全体を炎上地形にできるアイム(バースト)と,炎上地形を狂炎地形に変化させるフィロタヌスを使います.狂炎地形は基本のダメージが炎上の約2倍あるうえに,火ダメージを1回命中させるごとに,与える地形ダメージと持続ターン数が伸びます.一度狂炎地形にしておけば,あとはアイムのスキルで1ターンに最低1回の火ダメージを出せばずっと地形が持続するというわけです.地形ダメージは,飛行や地形無効以外の敵であれば防御力やダメージ軽減,バリアなどに関係なく通りますので,捕獲だけでなくさまざまな場面で使えます.狂炎地形を作れるのは今のところフィロタヌスとタムスの2体です.このどちらかを持っている方は,練習がてらユグドラシルを捕獲(あるいは討伐)してみてください.

この2パターンを紹介した動画を載せておきます.前半がブネ&シトリー,後半がアイム&フィロタヌスです.ぜひ参考にしてみてください.

このほかにも当ブログと連動した動画を公開しているチャンネルふぉーみんのメギドフォレストをよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください