コルソン(ラッシュ)実装直前 能力をどういかす?

明日から,コルソン(ラッシュ)の登場するピックアップ召喚が始まります!特性の「おかえし状態時,点穴の最大値+100」はすごいですね.コルソン(ラッシュ)の「おねだり」「おかえし」は新登場の特殊状態で,前回の公式配信「アジトTV」で解説されたことと合わせて田下広夢さんが先日簡単な紹介記事を書いてくださっていました.

ラッシュコルソン実装前解説 書いてあること分からない人向け(メギド部! 田下広夢さん)

そして、今日はゲーム内のヘルプにもこの2つの状態について説明が追加されていると教わりました.そこで判明したことも含めて、私なりのコルソンの使い方を考えてみよう!
そして引けたらいいな!というのが今回の記事です.前半はコルソンの各能力について,後半ではコロシアムで活躍できるかどうか?という予想のパーティ編成について書きます.

おねだり状態 要求されたフォトンを渡そう

ゲーム内のヘルプ―バトルの項目を見ると,「特殊状態」の中におねだりの説明があります.アジトTVでの解説動画から,要求された種類のフォトンを渡すと満足度が+15,それ以外のフォトンを渡すと満足度+5という事がわかりました.このヘルプではさらに,「要求以上のフォトンを渡された場合はMISS」になるという事が書いてあります.これは重要な点で,たとえばニバス(バースト)の奥義でフォトンをたくさん追加して満足度5を何度も稼ぐような方法は使えないという事ですね,また,おそらくおねだり状態になった1ターン目にはフォトンを要求されないので,おねだりしているのは3ターン中の実質後半2ターンということになります.

この2ターンの間に満足度を30または60上昇させることで,覚醒スキルによっておかえし状態になる際の効果が変化します.おかえし状態の時は,ほかのメギドからのサポートなどによる点穴上昇効果を受け付けないので,点穴を最大まで溜めたければ満足度60が必要というわけです.

おかえし状態 満足したらいざ行動!

コルソン(ラッシュ)の覚醒すきるで,自身をおかえし状態にすることができます.その際にはこのような効果が発揮されます.ここで要確認なのは,「行動回数はフォトンを使用した行動を行うたびに消費」「おかえし状態が解除されると満足度が初期状態に戻る」ということですね.

フォトンを使用した行動,ということは,通常のフォトンによる行動の他にオーブの使用でもおそらく行動回数を消費するだろうということになります.公式ポータルに掲載されたコルソンのステータスでは,満足度が60以上の時に行動回数が3回になるという事ですので,例えばオーブのインサニティ(自身にスキルフォトンを2個追加)を使うと,インサニティ→スキル→スキルとなっておかえし状態が解除されると予想されます.もう一歩進んで,チャージ→インサニティなどと積むと,チャージ→インサニティ→スキル(この時点でおかえし解除)→スキル(おねだり状態になる)という行動ができて,次のターンからはまたすぐに満足度を上げることができるようになりそうです.

もうひとつの「おかえし状態解除時に満足度が元に戻る」という点は,逆に捉えればおかえし状態にシフトしなければ満足度は上昇したまま,ということになります.ですから,もし1回のおねだり状態で満足度を60以上にできなかった場合,さらに3ターンかけるつもりがあればもう一度おねだり状態になって,追加で満足度を上げることもできるでしょう.また,コルソン(ラッシュ)の奥義は満足度によって攻撃の倍率が変化しますので,一度満足度を上げたら,おかえし状態にならずに奥義を連発するという事もやろうと思えばできることになります.もっとも,コルソンの攻撃力は低めなのでその状況は多くはないかと思います(一応最大で攻撃力4倍ではありますが…)

シフト後の覚醒スキルをどう使うか?

さて,満足度を上げて点穴値最大の一撃を撃つ方法については上の田下さんのブログでも触れられていますので,ここではシフト後の覚醒スキルについて考えてみたいと思います.シフト後の覚醒スキルでは,敵一列にダメージを与えるとともに,フォトン破壊またはめまいの効果を与えます.この2種類は「使用するごとに変化」という説明があります.この変化が、いったんおかえし状態が解除されても次のおかえし状態に引き継がれるのか,という点が気になっているところです.(メギド部での会話では,おそらく引き継がれるのではないかと予想されています).点穴による追加ダメージは範囲攻撃には乗りませんので,この覚醒スキルはちょっと浮いた感じがあるという感想も出ています.

私が考えているこの覚醒スキルの運用法としては,おねだり状態にならずに何度もおかえし状態とその解除を繰り返すというものです.おねだり状態にならない場合は満足度があがりませんので,おかえし状態になったときの行動回数は1回です.そして,おかえし状態になるためにはシフト前の覚醒スキルを使いますので,おかえし状態のスタートは常にゲージ2ということになります.

そこで,味方の覚醒補助によって(これはコルソンのフォトン消費ではないので大丈夫なはず)コルソンを再覚醒させ,覚醒スキルを撃ちます.すると行動回数を消費しておかえし状態が解除され,元の状態に戻りますが,シフト時の覚醒スキルの効果では「自身の覚醒ゲージを+1する」という効果もありますので,この時点でコルソンは覚醒しているはずです.ですので,すぐにまた覚醒スキルでおかえし状態になれるというわけです.

そうなると,味方の覚醒補助ができてコルソンよりも素早さが低いメギドとして,ラウム(バースト)やティアマトと組んだり、覚醒補助オーブのヒュブリーデを持った各んたーメギドを入れるという編成があるかな?と思います.この場合残りの3枠には,覚醒補助の欲しい前列メギドがいるとよいですね.

コロシアムではどうか?シフト時の点穴上昇

もう1点,コルソンの使い方で気になるのはコロシアムに連れていくことができるか?ということです.上のような使い方がもしできるなら,コロシアムで列へのフォトン破壊とめまいをどんどん使えるのは便利かもしれません(ただしフォトンの要求量が多いのがネックです).そして,コロシアムでの点穴の扱いについても考えるところです.

コロシアムは全員が☆3・レベル30の状態で対戦します.この時,メギドのHPは多くで3000くらいなので,点穴を最大値まで溜める必要はありません.とはいうものの,一回の単体攻撃ですべて消費してしまう点穴は使いどころが難しいですね.よく見かけるのはバフォメットをリーダーとした編成で,マスエフェクトの「戦闘開始時に点穴+25」を利用した速攻をかけるものです.私はこの編成にコルソンを追加することはできないかな?と思っています.というのも,満足度を上げなくてもおかえし状態にシフトする際には点穴が+15されて,スキルで攻撃しすぐに再覚醒,という動きができるので,バフォメットのもう一つのマスエフェクトである「ターン終了時に点穴+10」が生かせるのではないかな?ということです.まあこれについては引いたうえで何回も試してみなければ確認できないわけですが…ということでコルソンを引きたい!です.

コルソンを引くことができたら,このブログで点穴といえばストラス(ラッシュ)ですから(?)その組み合わせについても試してレポートしたいです.その日が来ることを願って,お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください