【サブアカお料理モン】ムスペルオーブ登場!コンパクトな狂炎編成

本日6月10日,新たな大幻獣「炎帝ムスペル」が登場しました.難易度エクストリームで勝利すると手に入るオーブは,狂炎地形を作ることができます.これまでの狂炎地形は,特定のメギドが奥義で作っていましたので,覚醒や元の炎上地形との兼ね合いがむずかしめだったのですが,これで相当に楽になったと思います.

まずは炎帝ムスペルを倒すところから始まるのですが,これはもう「専用霊宝を装備したブネ(ラッシュ)」を強くお勧めします!ブネに限らず,専用霊宝は作成にそれほど手間がかからない(特にムスペル登場あたりまでメインクエストが進んでいれば)のに対して見返りがとても大きいです.これまで霊宝に手を付けていなかった人も,これを機にぜひ霊宝作りに挑戦してみてください.

画像のように,炎帝ムスペルと取り巻きの武器たちは,強力なダメージ軽減能力を持っています.これをかいくぐって各個撃破していくのは結構骨の折れる作業なのですが…専用霊宝ブネの能力「剛剣」がこのダメージ軽減を無視できるのです.

ということで,私も無事にムスペルのオーブを手に入れました.最近あまり触れていませんでしたが,アイム(バースト)を中心としたいわゆるサブアカ,お料理モン(勝手に命名)ではアイムの奥義による炎上を利用した狂炎編成をよく使っています.この際,アイム自身は狂炎地形を作ることができないことと,狂炎地形を成長させるための火ダメージを稼ぎたいという理由から,ほとんどの場合「アイム,ベリアル(バースト),フィロタヌス」の3体は固定編成になってしまっていました.これがムスペルによって,フィロタヌスは任意,いざとなればアイム一人でも大丈夫という自由さを手に入れたわけです.

それを利用して,今回は大幻獣捕獲コレクションの番外編(?)として,アイム,ベリアルに残り3体をうまく編成できた,レイガンベレット(ベリーハード)の3ターン捕獲をお見せしたいと思います.

いかがでしょうか.盾役のガープ.補助役のフォラスとサルガタナスという3体がぴったりはまっています.3体(あるいは4体)が自由に編成できるとなれば,アイムの可能性は大きく広がります!たとえば明日からピックアップで新登場するナベリウス(バースト)なども組み合わせることができそうです(引くことができればですが…).今後は,できるだけこのお料理モンアジトの記事も書きたいものです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください