第4回共襲イベント!チェインしまくり!

チェインがテーマの共襲イベント

第4回の共襲イベントが始まりまし…いやもうほぼ終了時間ですね(汗).今回はチェインをうまく使うと有利になる超幻獣が相手でした.

何度かこのブログでも触れているメギド部では,LINEを利用してみんなで情報交換をしています.その中で,上手な人のチェイン動画などを紹介され,自分もこれをやってみたい!と強く思ったのでした.そこでまずは下準備.急いで大幻獣討伐をして,チェインには今や欠かせないこのオーブをゲット!

ジャガーノートはサルガタナス専用のオーブで,自分自身を覚醒状態にしたうえで自分にチェインするという技を使うことができます.待機時間は2ターンです.

いざ超幻獣戦!アンドロマリウス大活躍

さて、今回の標的はレア超幻獣の巫王サーマンです.サーマンは,チェインの攻撃に弱いという特性と,ターンの終わりに敵味方全体の覚醒ゲージを+1するという特性があります.この覚醒ゲージ+1の特性を利用してやろうというのが作戦です.

パーティはこちら.チェインを担当するのは中央の3名です.イベントなどで手に入るメギドでチェインを担当します.攻撃役は左端のティアマト.チェインのアタッカーといえばマルコシアス(バースト)なのですが,私のアジトにはいません…しかしティアマトと最高の相性をもつメギドがいました!右端,アンドロマリウスです.また,サルガタナスをリーダーにして,サルガタナスがスキルフォトンを使用したときにチェインが発生するようにすることも大事です.

共襲イベントは6ターンで一区切り.その間にどれだけの行動をできるかが大事になります.この記事の終わりに一区切り分の動画を載せましたのでお時間がありましたら見てもらえると嬉しいです.この記事では重要な動きをピックアップして書きたいと思います.

まず1ターン目は,ティアマトにはフォトンを回さずにバーサーク状態にします.そのほかは,サルガタナス以外の3体を覚醒させることを目指します.2ターン目も同様に全体の覚醒を目指します.このターンは特にティアマトの覚醒が重要です.この2ターンの間にも,サーマンの特性で覚醒ゲージは増えていくので,覚醒させることを意識しておけばある程度こなせると思います.

3ターン目,ここでサルガタナスのジャガーノートが使用可能になります.ですので,ここでチェイン攻撃を狙います.そして、ここで活躍するのがアンドロマリウスです.アンドロマリウスの奥義は,味方全員にスキルフォトンを追加します.

上に書いた通り,サルガタナスはリーダーの場合にスキルでチェインします.

ほかのメンバーは覚醒しているので,スキルフォトンでは覚醒スキルを使うことができます.ハーゲンティとベリト(バースト)は,それぞれ覚醒スキルでチェインする技があり,ティアマトは強力な連続攻撃が覚醒スキル.ということは,全員にスキルが配られると…

左の表示に注目してください!チェインを示すアイコンがドーンと出来上がりました!ジャガーノートの効力を合わせて,ティアマトの4チェイン覚醒スキルが成立しました.

さて、覚醒スキルは覚醒ゲージを1消費します.が,消費した覚醒スキルはサーマンの特性によりターン終了時に補充されます.ということは,また全員が覚醒するということ.つまり,次のターンもアンドロマリウスが奥義を打てれば,同じことがすぐに可能ということです!

ということで,4ターン目もアンドロマリウスの奥義一つでチェインが成立.ジャガーノートが待機中のため,3チェインとなりますがティアマトの強力な攻撃が決まります.

5ターン目も同じことが狙えるのですが,今回の動画ではアンドロマリウスが奥義まで届かなかったため,5ターン目は準備で終了.

そして6ターン目は再びジャガーノートが使用可能になり,4チェインが狙えます.もう次のターンがないので,覚醒スキルではなくアタックフォトンによる奥義でチェインをつなげると…

36万ダメージ!いやこれは初めて見た気がします.こういった大ダメージを出せるのも共襲イベントの醍醐味ですね.

もう今回の共襲イベントは残りわずかですが,どうやら次回の共襲イベントでもサーマンが登場するような気配がありますね.もしも条件がそろっていたら,アンドロマリウスによるチェインの連発をぜひお試しください.

今回の超幻獣戦の全体動画はこちら↓

広告