メギドミー賞イベント部門 当ブログの推薦はギギガガス!

メギド72公式ポータルサイトにて

「第1回メギドミー賞」開催&投票受付中!

きたる7月2日はメギドの日!今年は『メギドミー賞』という企画が行われています.この記事ではその賞の内容について触れます.前置きの後,ベストストーリー賞ノミネート作品の紹介&感想があり,またそれ以外のストーリーについても触れたネタバレがたくさんありますので,これからプレイする,復刻まで待ちたい,といった方はご注意ください.

ネタバレ防止前置き(私のYouTubeチャンネルの宣伝です)

先日YouTubeチャンネル「ふぉーみんのメギドフォレスト」を開設いたしました.主に序盤攻略に関する企画【やりくりソロモン】というのを中心に動画を作っていきます.今週の動画は2本です.

【微課金やりくり】一足早くレベルアップ!常設イベントおすすめ利用法

微課金(今のところ指名召喚チケットのみ購入予定)でスタートした【やりくりソロモン】企画は,現在メインクエスト3章の攻略中.攻略の難易度も上がってきて,メギドの育成が追い付かないとちょっときつく感じるかもしれません.そんな時は,育成に役立つ「常設イベント」を遊んでみてはいかがでしょうか?という紹介の動画です.

【微課金やりくり】フルフル(カウンター)のエレキが予想以上に楽しかった話

比較的最近登場したメギドであるフルフル(カウンター)の紹介動画です.使いこなしの難しい印象がある「エレキ」「ブレイク」という2種の技を持つフルフル(カウンター).ですが彼女はかなり使いやすく,強く,使っていて楽しい性能に調整されていました.

「死を招く邪本ギギガガス」感想

それでは,メギドミー賞にノミネートされたイベントの中で,私が賞に推薦投票している「死を招く邪本ギギガガス」についての話に入ります.メギド72公式ポータルにて,このイベントのストーリー部分が動画で公開されていますので,あらすじなどについてはあまり書かずにおきます.興味があれば以下のリンクからどうぞ.

【第1回メギドミー賞】 ベストストーリー賞(イベント編)ノミネート 「死を招く邪本ギギガガス」 (公式によるストーリーの動画です.ネタバレになりますのでご注意ください)

このストーリーは本,物語というのがテーマとなっており,ちょっとした多層構造になっています.

仕掛け人の目線 読み手の目線

たとえば,主人公たちの道案内役となる「ブックハンター」は,あまり多くを語らない素性のあまりわからない人物として登場しますが,ソロモンたちにとってはそのような人物である一方,読み手である私たちには早々とその正体が明かされます.その目線のすれ違いを含めて少々コミカルでもあるストーリーが展開しつつ,1つ目のクライマックスを迎えるところで「私たち」には語られていなかった(隠されていた)部分が出てくるという仕掛けです.

また,このような目線の違いが登場人物の言動にも表れています.物語の作り手であるメアリーとギガスの間でも,読み手であるアムドゥスキアスの本に対する向き合い方も,違った形で描写されています.

本っていうのはね、夜空の星と同じなのよ

誰も見てなくたって輝いてるの

メアリー

最後まで読み切ったとき、その内容も、体験も、感情も、自分の中で「永遠」になる

でも…

アムドゥスキアス

共有するという価値 多様でありながら共通

メギド72の舞台であるヴァイガルドは,現実世界の中世ごろに近い世界観であるとされています.本も手製の希少で高価なものから,印刷による大量生産に移り替わろうとしているものとして書かれます.

メギド72の大きなテーマに「多様性」というものがあり,メギドたちの個性はとても重要な要素となっています.しかしながら,ヴィータ(ヴァイガルドにおける人間の呼称)たちについては,「共通性」という面からその感情や価値観の描写がなされていると感じます.このストーリーで描かれる本の大量生産,知識の一般化と共有…そして価値の変化はそのような描写の例だと思います.

ヴィータたちの持つ「共通性」は,メギドでありながら普段はヴィータの姿を取っているメギドたちにどのように捉えられているか?という話の軸が最近のストーリーではよく登場します.その起点となる頃のイベントとしてギギガガスはとても興味深いです.最近開催されたイベントの「師の想い、弟子の想い」でも,料理というものについて同様の切り口で描写がされており,今回改めてギギガガスのストーリーを読み返してそのような点を感じました.

「物語」ができるとき 想像することの力

先ほど書いた通り,このシナリオは本という「文化、芸術」がテーマです.「芸術」というテーマでは,このイベント前にもいくつかのイベントが展開されていました.その1つに,メギドミー賞にもノミネートされている『忌まわしき蒼の組曲』があります.これは題名にある通り音楽がテーマのシナリオですが,『蒼の組曲』は「聞いたものは死んでしまう」と言われる呪われた楽曲です.

蒼の組曲の作者であるアントーンも,ギギガガス邪本の著者ギガスも,その受け取り手に対して絶大な影響を与える作品を「意図して」仕掛けています.当然ながら,どちらの作品もメギドや幻獣という悪魔・怪物がかかわってくるのですが,どちらもキーワードは「想像力」でしょう.

イベントストーリー後半は,前半の冒険譚から切り替わって,ギギガガス邪本の正体とベリトの内面に深くかかわるストーリが展開します.

私はどうやら、ヴィータの「想像力」を侮っていたようだ

ギガス

この言葉を含む後半の展開では,私たちが本を読んだり音楽を聴いたりする行為についての作者の思想のようなものも描かれていると思います.そしてそれは,メインシナリオにもつながる「メギド」と「ヴィータ」の大きな差であり,弱いはずのヴィータが強さを持つことの核になるキーワードとして輝いていると思います.

それぞれの「物語」

物語の最後に語られる,ベリトとジルの関係は,ギガスと幻獣の関係,「メギド」と「ヴィータ」の関係として相似したところがあり,今後のメインシナリオでこれらがどうなって行くのかを暗示しているのではないか…そう感じました.

そしてこの場面が,事前投票で多くの人が感銘のコメントを出したストーリーのラストとなります.アムドゥスキアスの言葉,ベリトの気持ちの変化.ソロモンの「勝算」がすべてつながり,イベントラストの曲へとつながって完結するまでの流れは,今なら公式ポータルですべて読むことができるのでぜひともご覧になってください.

以上,メギドミー賞ノミネート作品「死を招く邪本ギギガガス」の感想でした.

ちなみにこの「死を招く邪本ギギガガス」は近日復刻開催が予想されます.この機にメギド72を始めてみてはいかがでしょうか?

広告

今年前半の裏テーマ? 今がブネの育て時

今年も近づいてきました,7月2日はメギドの日!少し早いですが2周年からこれまでを振り返ると,直接の関わりはないように見えたメギドが強化されているのではないか?というのが見えてきました.それがブネ.今回は,約半年間でブネが推されているというお話です.記事の主な対象も2周年のころにメギド72を始めたくらいの方を想定していますが,もちろん長くプレイしてきたソロモン王たちにも読んでもらいたいです.

新戦術・オーブ・霊宝の約半年

この半年の間にも,復刻を含めたイベントが開催されてきました.イベントで手に入ったものを大きく分けると,

  • 協奏メギド(バーストニバス,サタナイル,バーストグシオン)
  • ネクロメギド(カウンターキマリス)
  • オーブや霊宝(番犬ロクサーン,リャナンシィなど)

といったものがありました.協奏メギドの相次ぐ配布,新タクティカルソートのネクロは,パーティ編成の楽しさを増してくれました.そして,オーブも強力なものが登場したのに加えて,霊宝のレシピも手に入ったのでした.まずはそんな霊宝の一つ,「師の想い,弟子の想い」で公開された霊宝であるアシストスープを見てみましょう.

実はブネ用!(?)霊宝「アシストスープ」

アシストスープは大サイズのラッシュ用霊宝で,HPと攻撃力,そして連続ダメージを上昇させてくれます.合成の素材が大サイズのものとしては比較的軽く,3章をクリアしたあたりでほぼ揃えることができるでしょう.

ネックとなるのはやはりサイズで,大の匣を4つ用意するのはちょっと大変…ですが,一歩ずつではあるものの確実に匣を用意することのできるメギドがいます.それがブネです.ブネをはじめとするストーリー上で仲間になるメギドは,星間の禁域こと大幻獣戦で手に入る星間の造花と交換で,奥義レベルと匣のサイズを上げることができます.

☆6,レベル70まで成長したブネのステータスがこちら,☆6になると,奥義が横一列への2連続攻撃に変化しますので,アシストスープの特性によってダメージを上昇させることができるのです.また,ブネの特長である高いHPをさらに上げて,低めである攻撃力の補完もできます.そして,ブネの専用オーブである「アビスガード」も併せて装備すれば,列攻撃のダメージはさらに上昇し,敵を一掃する攻撃力を手に入れることができてしまいます!

星間の造花交換所は,今週金曜日の22日にラインナップが更新されます.ですから,今ブネを強化すれば,すぐにラインナップが更新されてまたブネを強化できて,霊宝の箱を1か所小から大に拡大できます.造花の使い道が決まっていなければぜひブネに使ってみてください.

(といいつつ,私自身も造花をブネに使い始めたのは先週だったりします…)

タクティカルソートとブネの相性もいいのです

さて,そうして強化したブネ,実は協奏やネクロとの相性もいいのではないか?というのが,いまブネをおすすめするもう一つの理由です.

協奏は強力なトランスとしておなじみですが,その中でもこの半年のイベントで手に入った協奏メギドたちは,回復やダメージ軽減を駆使して持久戦を展開するタイプが揃っています.ブネはこの戦術とは相性がいいですね.また攻撃面でも,ブネは列攻撃が主体ですから,大協奏の特長である「範囲攻撃のダメージ上昇」の恩恵を受けることができます.ということで,配布オンリー(バルバトスのオーブのみ少し前の配布ですが)で組んでみた協奏パーティがこちら.

サタナイルのスキルで協奏状態をスタートし,後列3人が音符を溜めつつ回復や攻撃力強化を担当して,ブネが横に並んだ敵を薙ぎ払います.

半年前くらいに始めた方は,それぞれのペースはあると思いますが,そろそろ4章,5章あたりのベリーハードに挑戦するのではないでしょうか.ということで,このパーティを使って4章のステージ32ベリーハードに挑戦してみた動画を紹介しますのでよければご覧ください.

さて,次はカウンターキマリスの登場で追加された新タクティカルソートのネクロです.ネクロは,敵か味方が戦闘不能になるたびに「ソウル」が蓄積されていき,パーティの強化やダメージの軽減,奥義のパワーアップができます.キマリス自身は味方が戦闘不能になった場合の蘇生手段を持っていないので,複数で登場する敵を倒しながらソウルを溜めて,最後にボスに強烈な攻撃を放つというのが一つの戦術になるかと思います.もちろん蘇生手段を用意すればより万全です.こちらも配布メギドとオーブを中心としてステージ36ベリーハードに挑戦したものを紹介します.パーティはこちら.

ネクロの効果であるダメージ軽減にアンドレアルフスの奥義によるダメージ軽減を重ねて,耐久力をあげます.そして前列の取り巻きをブネで薙ぎ払ってソウルを溜めようという方針です.こちらも動画をどうぞ.

ということで,駆け足でしたが今回は,ブネの活躍の場がこの半年で大きく広がったよ!というお話でした.

常設イベントのオーダーキー どこに使うか?

久々の更新になってしまいました…前回のリャナンシィ集めが充実してはいたものの,結構な長時間作業となりましたので、リャナンシィ疲れ(?)のような感じになっていました.その間もイベントなどはこなしていましたが…

さて今回もイベント関連の記事です.メギド72では,期間限定で開催されるいつものイベントの他に,複数回復刻された比較的古めのイベントが順次「常設イベント」として追加されています.常設イベントは,今後復刻開催されない(と思われます)代わりに,交換所の品ぞろえを更新できる「オーダーキー」というものを使ってメギドの奥義レベルを上げることができるようになっています.

オーダーキーは,入手数がかなり限られているとアナウンスされているので,できれば効果的に使いたいところです.ということで今回は,現在ラインナップされている復刻イベントの中から,個人的におすすめできると思うものを紹介したいと思います!

オーダーキーの使い方

まずはオーダーキーの使い方を説明します.オーダーキーは,常設イベントのアイテム交換所画面から使用することができます.交換所画面の左下に更新ボタンがあり,このボタンを押すとオーダーキーを使用するかどうかの確認画面が出ます.OKを押すとショップのラインナップが更新されるとともに,イベントで仲間になるメギドを入手できる宝石が加わっています.この宝石を交換すると,奥義レベルの上限が1上がり,霊宝の匣サイズも大きくなるという仕組みです.

交換用アイテム集めは攻略チケット・EVを!

常設イベントはその名の通り,いつでも挑戦することができます.ですが,期間限定イベントなどを優先してこなしていると,挑戦する時間を取るのが少し大変かと思います.そこで便利なのが,イベントのミッションや,先日まで開催されていた共襲イベントの景品として手に入る「攻略チケット・EV」です.このチケットはイベントごとに,1日5枚まで使うことができ,STとチケットを消費して即座にステージをクリアできる「攻略チケット」のイベント版です.肝になるのは,1日5枚の制限は「各イベントでそれぞれ5枚ずつ」ということです.そこで,例えば寝る前や朝出かける前などの,STはあるが時間が取りづらい時にこの攻略チケットを使ってしまい,交換素材を手に入れましょう.

それでは,オーダーキーを使うのにおすすめのイベントを紹介していきましょう.

キマリスイベント 匣サイズと育成素材

一つ目のおすすめは,キマリス(ラッシュ)が仲間になる「暴走少女と一つ目幻獣の島」です.このイベントでオーダーキーを使う目的は主に2つです.

一つ目はキマリスの霊宝サイズ更新です.☆6になるとメギドは,はじめの状態では大サイズ1つ、中サイズ1つ,小サイズ2つの霊宝を装備することができます.キマリスの場合,覚醒コストを2にすることができるという,とても強力な小サイズの専用霊宝がありますので,残りの3枠を使うことになると思います.

キマリスにおすすめの霊宝はラッシュの系譜「猛撃」を付加できる組み合わせです.「猛撃」は,戦闘開始時のはじめの1ターン,スキルフォトンが強化されます.覚醒コストが2になっているキマリスは,覚醒スキルで攻撃と同時にスキルフォトンを自身に追加できるので,初めのターンだけでもスキルフォトンが強化されていると与えるダメージはとても大きくなります!

猛撃の霊宝の中でも特に,下の画像にある中サイズの霊宝「情熱のパトス」はHPが低めで倒されやすいキマリスの弱点を補ってくれます.しかし,中サイズの霊宝は初期状態では2つしか装備できず,それだと猛撃の系譜が完成しません.そこで,オーダーキーを1回使って小サイズの匣を1つ中サイズに拡大して,情熱のパトスを3つ装備させます.これで猛撃が発動し,HPの上昇量とダメージ吸収量も増えるのでおすすめです.

また,キマリスを育成中の場合は,交換ラインナップの中に進化用素材である「降魔の爪」があります.これは合成用の素材を集めるのが少し大変で,かつ☆4.5から☆6までの間に合わせて3つ必要なため,ここで入手しておくとキマリスの育成が楽になります.

カスピエルイベント 強力オーブ入手(その1)

続いてのおすすめは,カスピエル(バースト)のイベント,「ソロモン誘拐事件 逃走編」です.このイベントの交換所には,大変に強力なカウンターのオーブである「サタニックリブラ」と「グラディエーター」がラインナップされています.

これらのオーブはイベントステージでボスから手に入ることもあるのですが,その確率がかなり低いようで,さらにオーブの進化にもこれらのオーブを複数集める必要があるというものになっています.とはいっても,☆1のままでも十分に役に立つもので,むしろ複数持っているのがよいかもしれません.

プルフラスイベント 強力オーブ入手(その2)

強力なオーブが交換できるもう一つのイベントが,プルフラス(ラッシュ)のイベント「プルフラス 復讐の白百合」です.このイベントでは「インサニティ」と「ウォールバスター」が汎用性もあり評価の高いオーブです.こちらもイベント中のボスから手に入れることができますが,やはり進化のためには複数個のオーブが必要で,所持しておくにも複数あると便利なものです.

他には,最近追加されたブニのイベント「上書きされた忠義」でも,オーブの「盾の幻獣体ブニ」「槍の幻獣体ブニ」が有用ですが,こちらに関しては私自身がまだあまり使っていないので,オーダーキーを使ってショップを更新するかどうかは保留という感じです…

ということで,今回は常設イベントのショップ更新をする「オーダーキー」の話題でした.貴重品ですのでぜひ大切に使ってください!

いよいよセーレVSリャナンシィ! セーレの冒険(後編)

さあ、いよいよセーレ君が出陣する時がやってきました.「ラッシュのモンスターからのレアドロップ率が50%上昇」が特性のセーレ君,果たしてオーブ「リャナンシィ」の収穫は?そしてセーレの効果的な使い方とは?

セーレ入りパーティ,イベントE3を1000周の結果!

前回の記事はこちら.セーレの実力を測定するために,まずはセーレなしのパーティでイベントステージE3を1000周したのでした.結果はリャナンシィ16個ドロップ.

そして今回はセーレ君を入れたパーティで同じくE3を1000周しました.ではさっそく結果を見てみましょう!

セーレなしセーレあり変化
探求のフォトン×10658644-2.13%
アシストドリンク×100308313+1.62%
リャナンシィ1625+56.25%
覇王のエンブリオ幼18180%
セーレありとセーレなし,それぞれE3に1000回挑戦した結果のボスドロップ

リャナンシィのドロップ数は25個.見事ドロップ率が約50%上昇しました!意外だったのはエンブリオ.ピッタリ同じ数なのは偶然としても,ドロップ率上昇の効果はなかったようです.セーレ君の特性でも届かない,レアを超えたスーパーレアだったりするのでしょうか…

ということで,リャナンシィのオーブが欲しくて,アジトにセーレ君がいる方は,パーティに入れて周回するのがおすすめです.ただ,ちょっとだけ心に留めておいてほしいことがあります.それは,1回の挑戦でオーブが手に入るかどうかを気にしすぎないこと.

セーレ君の実力…それは「じわじわ貯金」

確率が50%上昇する,とわかれば,オーブが手に入るのを期待する気持ちは当然だと思います.でも,1回でセーレ君が発揮できる力は,やっぱり50%分だけなのです.今回でいえば,1.6%が2.5%になる分です(ずれの話はとりあえず無視します).うーん,と思いますか?

ではちょっと,別のメギドについて考えてみましょう.イポス(ラッシュ)を持っている方は,メギドの育成にイポスがとても役に立つことを知っているでしょう.イポス(ラッシュ)の特性は「クエストの獲得経験値が50%上昇する」というもの.セーレの特性と少し似ていますね.

イポスの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

では,イポスの特性をしっかりと発揮できるのは,どのような使い方でしょうか?おそらく,イポスをパーティに入れて1回クエストに挑戦,ハイ終わりという方は少ないと思います.攻略チケットでの周回やイベントクエストの序盤に,イポスをパーティに入れ続けて何度も出陣させるのではないでしょうか?その「何度も出陣」がやがて大きな差になって,結果としてSTや時間の節約につながるわけです.

セーレもこれと同じ.普段なら攻略チケットを使うとき,ずーっとパーティに入れておくことで,気が付けばレアクラスのアイテムがたまっている.そんな使い方をしているはずです.イベントでは攻略チケットが貴重品で,しかも1日で5枚までという制限がありますから,たくさん回りたいときはどうしても普通に挑戦することになります.それでもセーレの特性はかわらず,回数をこなすことがその力を引き出す一番の方法なんです.

すぐに実感できる(かもしれない)セーレの力

では,あと残り1日半くらいのイベントでセーレを起用してもあまり意味がないのか?もちろんそんなことはありません!今回の結果から,1.6%と2.5%で何が変わるのか,いろいろと調べてみました.その結果をひとつご紹介します.堅苦しい背景の話はバッサリと省略しちゃいます(そこに興味のある方は後日公開予定の記事をお待ちください).

このスクリーンショットは私のアカウントのものです.見てほしいのはSTの部分で,今の最大値は154ですね.今回のイベントステージE3の消費STは16で,例の「リタマラ」で挑戦すると,ちょっと欲張ってオーブが出たとき以外はリタイアとしたら,成功したときの消費やSTの自然回復などを考慮して,およそ50回分くらいになります.

さて,この50回の挑戦でオーブは手に入るでしょうか?これを調べたのが下の2つのグラフです.グラフ下側の数字が,オーブが手に入る個数を表しています.棒の長さがその確率です.一つ目の赤いグラフは1.6%の時,2つ目の青いグラフは2.5%の時です.

セーレなし(1.6%)の場合,50回挑戦してもオーブが落ちない確率が一番高い(45%程度)です.1個落ちる確率が35%くらいで,2個落ちるのはだいぶ珍しいということになります.これがセーレあり(2.5%)になると,50回で1個も落ちない確率は30%以下になり,2個や3個手に入る「ラッキーな時間」が増えてきます.このラッキーな時間,体験すると結構うれしいですよ.

ピンとこない方は,サバトで10連召喚をしたときのことを想像してみてください.サバトでメギドが出る確率は10%ですが,10個中1個もメギドが出ないときもあれば,2個以上出るときもありますね,そして,2個出るとなんかうれしくありませんか?そのうれしいを,そこそこの確率でセーレ君がプレゼントしてくれるんです.

ということで,セーレ君の実力は「じわじわ貯金」と「ラッキータイム」にあり!というのが今回の調査で言えることだと思います.ぜひセーレ君をごひいきに!

後日公開予定の背景記事を含めた今回の特集まとめはこちら

リャナンシィのドロップ率は セーレの冒険(前編)

この記事はセーレ君の特集ですが,セーレ君は登場しません…セーレ君の出番は後編をお待ちください.特集のまとめはこちら.

リャナンシィ(オーブ)はどの程度手に入るのか

今回のイベント「師の想い,弟子の想い」では,SSRオーブ「リャナンシィ」が手に入ります.エクストラステージのE3でリャナンシィを倒したときにごくたまにオーブを落とすのですが,セーレがこの「ごくたまに」を増やすのかどうかを知りたいと思ったら,「ごくたまに」ではちょっと情報が足りません.そこで,まずはセーレの入っていないパーティではどのくらいオーブが手に入るのか,ひたすらE3に挑戦してみました.その結果がこちら.

ドロップ数割合
探求のフォトン×1065865.8%
アシストドリンク×10030830.8%
リャナンシィ161.60%
覇王のエンブリオ幼181.80%
セーレのいないパーティでステージE3に1000回挑戦した結果

集計は手作業のため,うっかりミスが含まれている可能性があります.また,もちろん公式のデータではありません.その点はご承知ください.ともあれ,1000回の挑戦でリャナンシィは16個(割合1.60%)手に入りました.

さて,ではこれでリャナンシィのドロップ率は1.60%と決まったのでしょうか?そうではないことは前回のガチャシミュレーター実験を見てもわかります.設定された確率と実際の結果には「ずれ」が付き物です.

ずれがあるとしても,この調査で言えることはあります.極端なところでは,リャナンシィのドロップ率は0%でも100%でもないことは確実です.50%は,もちろん絶対ではないのですが,そこまでずれる可能性は限りなく小さいでしょう.では10%は?5%は?…このあたりになると,可能性についてまじめに考える必要があるかもしれません.

この「まじめに考える」の範囲をできるだけ絞ることが,1000回というたくさんの調査によってできたことでした.この範囲を絞っておけば,いざセーレを入れたパーティで調査をするときに手掛かりができるかもしれませんね.

(ぼやけた書き方をしていますが,もちろんこれをきちんと調べる「統計学」というものがあります.ですが,これについてはもっと後の記事で触れる予定です.)

1000回挑戦したパーティ

さて,ひとまず調査結果はここまでにして,実際にステージE3を回ったパーティをご紹介します.もしも詰まっている方がいたら参考になれば幸いです.

今回のパーティはこちら.とにかく挑戦回数を増やしたかったので,速攻で決めるパーティを組みました.またせっかくなので手に入れたリャナンシィもアタッカーに持たせてみました.このオーブ,強いですね…

具体的な戦術は,パイモンをリーダーにすることで,マスエフェクトでオセの覚醒ゲージを+1でスタートし,ウァサゴの奥義でさらに+1することによって,いきなりオセの奥義(アタックフォトンが来なければ覚醒スキル)を撃つことです.パイモンのように覚醒ゲージを+1で始めることができるマスエフェクトは他のメギドも持っていますが,今回はもう一つ,「単体攻撃のダメージが15%上昇する」というマスエフェクトも大事でした.これにリャナンシィの「単体ダメージ上昇」が重なることで,ウァサゴとオセの攻撃でボスをあっという間に倒すことができます…が,これには少し準備が必要です.

E3では,リャナンシィと一緒に2体の敵が登場します.そして,どの敵も素早いうえに,スキルでこちらのフォトンを奪ったり破壊したりという能力があります.これに邪魔されるとかなり厄介です.できれば相手より速く行動したいですね.

今回のイベントには,イベント効果の一つとして「素早さ上昇」があります.レベルを最大の20まで上げると,素早さは50%上がります.ですが,オセとウァサゴ(レベル70で素早さ614)ではこれでもほんの少し足りませんでした.素早さをあげるオーブである「シェルドレイク」や「エンキドゥ」を装備するのも一つの手ですが,ダメージを重視してリャナンシィを装備したかったので,霊宝の力を借りることにしました.

素早さが上がる霊宝なら他のものでも構わないのですが,オセには「銀のティモリア」をひとつ装備させて素早さを5あげました.その結果が下の画像です.敵の中で一番素早いのはイズーナで927(!)対してオセが928と,ギリギリ上回ることができました.

もちろん,戦術としてはウァサゴのほうがオセより先に行動してくれないと困りますので,ウァサゴも霊宝かオーブでオセよりも素早くする必要があります.これで相当に有利に戦闘を進めることができますので,準備ができそうであれば試してみてください.

収穫はたくさん…消費もたくさん

準備ができたら後はE3を1000周するだけ…ですが,問題になるのはST(と現実の時間)でした.時間のほうは数日に分けてやればよかったのですが,スタミナはご覧の通り,用意しておいたSTドリンクがなくなってしまいました.リタマラで消費を抑えてこの結果ですから,1000周はおすすめしません…ぜひともセーレ君にはリャナンシィのドロップ率をあげてもらって,周回数を少なくて済むようにしてもらいたいです.はたしてその結果は?…これから調査します…あと1000周かなあ…

ガチャシミュひたすら回す:メギドなパーセントの話 ブエル級

ご注意:今回はGameWithさんのガチャシミュレータを利用して,メギドのガチャについての話を扱いますが,サバト中はメギドが出る確率が変動することがあるためこの話はあてはまりません.その点はご注意ください.

4月4日追記:セーレの特性についての特集(まとめ)ページを作成しました.

セーレ君の出発前に

今回の話は,「セーレをパーティに入れると,ラッシュボスの落とすオーブは増えるのか?」という疑問の続きでもあり,単純にガチャについての話題でもあります.

セーレの特性は,「ラッシュボスからのレアドロップ率が50%上昇する」というものです.オーブがこのレアドロップに入るかどうかはいったん保留しておいて,このような特性があるということは

  • メギドのボスが落とすアイテムの中には,「レアアイテム」という分類がある.
  • レアアイテムを落とすかどうかは,(どのくらいかは不明ですが)確率が決まっていて,セーレはその確率を50%上昇させる.

という仕組みがあるはずです.そうすると,この疑問を解消するためには確率のことについて知っておきたいところです.

まあ,いきなりドロップ確率について追いかけるよりは,もう少し見慣れている確率から入ってみましょう.メギド72の中ではっきり確率が関係あるものといえば,やはりガチャでしょう.

ガチャシミュレーター

ガチャ(召喚)の画面には「提供割合」というボタンがあり,どのメギドまたはオーブがそれぞれどんな割合で出るのか公開されています.そして,サバト以外の期間では,メギドが出る割合を合計すると5%になります.では,メギドは20回ガチャを引けば必ず出るのかといえばそんなことはありませんね.皆さん経験があるとおもいますが,もっとたくさん引いてもメギドが出ないことはよくあります.

ガチャを引くための魔宝石を無限に手に入れるのはまず不可能ですから,ガチャを引いていろいろ調べたくても挑戦回数には限界があります.そこで今回利用するのがシミュレーターです.GameWithのメギド72攻略サイトでは,各種ピックアップやサバトの期間ごとにシミュレーターを公開しています.今回はその一つである「メギド・オーブ召喚ガチャシミュレーター」を使います.

メギド・オーブ召喚ガチャシミュレーター(GameWith)

これは以前に開催されたことのある召喚のシミュレーターで,当時の確率設定に従ってこのような確率になっています.現在の召喚とは少し確率が異なりますのでご注意ください.

ひたすらガチャを引いたら確率通りの結果になるか?

シミュレーターならいくらでも回してみることができますので,普段ならとてもできないような回数の召喚を試してみることにしましょう.シミュレーターでは,メギドやそれぞれのレア度のオーブをいくつ引いたかを集計してその割合を出してくれる欄も付いています.ということで今回行うのは大量にシミュレーターを回してその欄を見ることだけです.

きのうの昼頃,実際にシミュレーターを回してみた結果が下の画像です.20回回したところでメギドが確率通りの5%になりましたが,さすがにこれは「たまたま」でしょう.その予想の通り,100回,500回と回してみるとメギドの出現割合は5%からずれてしまいました.

反対に,オーブの出現割合は確率設定に近づいていき,500回の時点ではまあまああたっているといえるくらいになりました.

500回の召喚でも普通はやらない回数ですが,この時私はたまたまバスに乗っていて暇でしたので,せっかくだからさらにシミュレーターを回し続けてみました.1000回,2500回の結果がこちら.これでバスを降りて今回は終了です.結局,メギドもオーブも確率ピッタリにはなりませんでした.

今回のシミュレーションから言えそうなこと

もちろん,今回の結果がこうだったからと言っていつも同じようになるわけではありませんが,ひとまずこの結果から確率について言えそうなことを2つ挙げると,

  • 1000回以上回しても確率と結果はピッタリになるとは限らない
  • 確率が低いメギドとSSRオーブは回数を増やしてもずれが大きい

くらいでしょうか?この推測もまだまだ頼りないですが,一応今回の結論としておきます.1000回試しても確率通りにはならない…はたしてセーレ君の実力を測ることはできるのでしょうか.

次はもう少しだけ話を進めて,シャックス級の話題にする予定です.ブエルとシャックスのどちらが進んでいるのかは…どうなのでしょうね?