大幻獣捕獲コレクション チェインでオスカーEX(+おまけ)

※ご注意 この記事の後半には,メインクエスト8章の内容が含まれます.先の章のネタバレを避けたい方は,後半部分を読まないようお願いします.

チェインが楽しくなりました

現在開かれている第17回共襲イベント,そして次回開催が発表された第18回共襲イベントで,チェインに対して弱い超幻獣のスペルト&サーマンが復刻となりました.また,あさって29日のメンテナンス後には,チェインの使い手であるハーゲンティ(バースト)に専用霊宝が実装されます!

共襲イベントでスペルトを相手にチェインで応戦することで,チェインに興味を持った人はいらっしゃいますか?メギド部に興味を持った方がいて,僕もチェインの紹介がてらいろいろな相手にチェインで挑んでみました.その結果の1つとして,大幻獣オスカーの捕獲ができましたのでコレクションに加えたいと思います.

束縛も,強化解除も関係なし!

大幻獣オスカーは,こちらのランダムな1体をスキルで強化解除し,さらに束縛の状態異常を付けてきます.このため,フォトンの強化や攻撃力の上昇を付けてダメージを調整する計算が立ちづらいという難しさがあります.また,体力が75%以下になると攻撃力が大きく上がり,スキルも威力の高い攻撃に変化してしまう(ほぼ1撃で1体倒されるくらい)ので,捕獲のために体力を25%以下に減らそうと思ったら,たいていは一気に削ってしまわなければ危険です.

この2点を解決してくれるのがチェイン,そしてチェインの使い手の1体であるサキュバス(バースト)です.サキュバスは奥義で,味方全体の異常と弱体を治療して味方単体にチェインしていきます.チェイン中は素早さに関係なく,次の味方の行動になりますので,そのままチェインで最後のダメージまでつなげることができれば,束縛も強化解除も受けない状態で行動することができるというわけです.

今回のパーティはこちら.チェインだけでなく,いざ捕獲のターンに必要なフォトンが出ないという問題も解消できるように,フォトンを追加できるオーブを一斉に使う編成を組みました.

捕獲の手順はシンプルで,シャックス(バースト) 以外 を覚醒させた状態で,全員がオーブを使用します.必要なオーブは,自身にアタックフォトンを追加する地龍アテルラナが2個,スキルフォトンを追加する次元獣アナーケンやアイビーが2個,怒のフォトンでもよいので追加するオーブが1個(この写真ではチャージフォトンを追加するヴァジュラ)です.アタッカーのマルコシアス(バースト)には専用霊宝のみ持たせています.

動画はこのようになります.シャックスのマスエフェクトによって右の2人は覚醒ゲージが増えており,サキュバスも覚醒スキルで味方の覚醒を補助できるので,オーブが使用可能になる3ターン目にはたいてい条件が揃います.シャックスだけは覚醒スキルではなく通常のスキルを使いたいので,ゲージを上げすぎないようにしましょう.

今回は捕獲でしたが,マルコシアスに攻撃力アップの霊宝を持たせたり,素早さ調整が必要ですが,攻撃力の上昇量が大きいサタナキア(バースト)をハーゲンティと入れ替えて採用するなどの手段でダメージを増やすことができますので,撃破にも利用できる編成です.

ということで,チェインを利用した大幻獣捕獲コレクションをお届けしました.ハーゲンティの専用霊宝によるチェインの強化も今からワクワクしています!

これ以降は8章のステージをクリアした動画を掲載していますので,ネタバレが気にならない方は続きをどうぞ.

おまけ メギドの日依頼 メイン75VHをチェインで突破

ここからは応用編というか,おまけです.8月11日まで,メギドの日記念の「依頼」が開催されています.依頼をこなすことで,よいアイテムをもらうことができます.その中から,メインクエスト75のベリーハードをコンプリート(全員生存クリア)するという依頼をこなしました.

先ほどのオスカー捕獲において,シャックスが覚醒スキルではなく通常のスキルでチェインしました.シャックスの覚醒スキルは,常に「パーティの中で素早さが最低の味方にチェインする」という効果になっています.このため,アタッカーのマルコシアスが一番素早さが低いままだと,アタックフォトンの強化とフォトン変化を行ってくれるオレイを経由することができませんでした.

これを解決するには,もちろん素早さを変化させることができればよいですね.そこで,素早さだけでなく,攻撃力も上げた上に範囲を全体化できるウァサゴ(バースト)を入れました.ウァサゴは比較的最近のメギドなので,この戦術も以前は取ることができませんでした.あとは,速くなりすぎた分をオーブで調整すれば,マルコシアスの全体化奥義で敵を一掃できるという仕組みです.動画がこちら.

第11回共襲記 初日はマルチネがMVP?

第11回共襲イベントが始まりました! 今回はHPが低い状態からスタートするステージがあるということで、カウンターインキュバスにチェインをつなぐパーティが良いのではないかと予想してこんな記事を書いたのですが…

始まってみると、その敵である超幻獣ジェストルに対しては,そこまでしなくても十分にインキュバスが動けるうえに,敵はこちらをゾンビ化してくる(すると素早さが全員0になってしまい,チェインの順序がうまくいかない)という残念な結果になってしまいました.

その代わりと言ってはなんですが,もう1体の超幻獣クレスエンドでそこそこお手軽な動きができましたので,日記的に触れておこうと思います.

クレスエンドは,覚醒ゲージが0の時に被ダメージが上昇する特性を持っています.また,奥義では自分のフォトンを破壊してしまうので,次のターンは奥義を使った後の覚醒ゲージ0の状態がほとんどである,という特徴もあります.ですので,クレスエンドが奥義を使った直後というのが最大のチャンスとなるわけですが…

もう一つ,確実にゲージが0のタイミングがあります.戦闘の開始時ですね.そこで,そのタイミングで攻撃を叩き込んでしまおうというのが今回の戦術です.主役はマルチネ.

マルチネは,1チェインだけはどこかで稼いでくる必要がありますが,そうすればフォトンを破壊しつつダメージを与え,さらに自身にチェインして攻撃を繰り出してくれます.そこで,パートナーとしたのはサタナキア(バースト)です.サタナキアは,リーダーにすることでアタックフォトン使用時に確実に味方にチェインすることができます.それを利用して…

このように,ターンの頭に高いダメージを与えて,フォトン破壊もできる(もしそれがアタックやチャージなら,覚醒の邪魔もできる)という動きを軽々こなしてくれました.残りのフォトンは精霊特効のあるビフロンスや,インキュバスのと同じく毎日おすすめで,HPが低いと奥義の威力が上がるアロケルなどを覚醒させておいてその後の攻撃チャンスに備えるのが良いでしょう.また,サタナキアとマルチネ以外は自由に編成できるので,その日ごとのおすすめメギドを入れておき,スコアを稼ぐのも可能です!

ということで,今日は短い記事ですが共襲イベント初日の様子でした.