公式からPレター35公開! カンノPの姿勢に期待

メギド72の公式ポータルサイトにて,新プロデューサーのカンノタロウ氏からのレターが公開されました.

プロデューサーレター vol.35 (メギド72公式Portal)

まず,今回のレターから,タイトルに添えられているメッセージが以下のように変更されています.

プロデューサーレターでは「メギド72」のアップデート予定や内容紹介のほか、実施した施策やイベントについての振り返り情報をお届けします。

プロデューサーレターvol.35

前回のレターvol.34でもカンノPが少し触れていましたが、公式ポータルでは音楽やイラスト,イベントなどについての発信が積極的に行われるようになっていました.これらの発信の役割分担というか,メギド72の運営・開発チームから様々な面で発信があるよ,その中でプロデューサーレターの役割はこれだよ,という事の表明かと思います.

前プロデューサーの宮前氏から変わり,公式配信のアジトTVでも当面は顔を出さない予定というカンノ氏には,変わること,あるいは変わらないことも求められて注目される時期だろうと思います.そのタイミングで,このような形での公式チーム編成を示してくれたことは,期待,信頼が持てると感じました.

全文は上のリンクから読んでいただければと思いますが,今回特に私なりに注目した部分をピックアップしていきます.

ご要望の多いものや、大きなアップデートからではなくて良いのかは迷いましたが、可能な範囲で可能なタイミングから動いていけるものは、どんどんご提供すべきと判断いたしました。

プロデューサーレターvol.35

2月末のアップデート予定について,内容お知らせ後にあるこの文.プロデューサーレターが隔週更新(今月については毎週更新)の予定という事も併せて,カンノ氏は当面,走っている様子をすぐ隣から見てもらおうという気持ちが出ているように思います.(宮前氏がそうでなかったわけではありませんが,宮前氏は未来を見せて聞かせてくれる方という印象が強かったです)

おそらく,細かい改修の積み重ねでは,時にはプレイ中に違和感を覚える人,そう思うタイミングが増えるリスクを抱えるのだろうと思いますが,そこは走りながらしっかり意見を拾っていくよ,というフォローの姿勢に期待したいです.

次に,公式ポータル掲示板についての記述.

アンケートの中にあった『普段どんな場所でメギド72の話をすることが多いですか?』という設問に対し、『メギド72の話はしないが、したいと思っている』と回答をされた方が我々の想定よりも多くいらっしゃいました。これには驚きました。

プロデューサーレターvol.35

ポータル掲示板の改修に向けてという事で書かれていたものですが,実際に掲示板がその役割を担うかという事とは別に,「メギド72のことを話す場」を特にもたない方がもっと話せるようになればいいな,と強く思いました.

私はいつもおなじみ田下さんのメギド部(ゲームルームでメギドの話題を扱うLINEグループ)で毎日のようにメギドの話をしています.これがとても楽しいんです.ログインでこのメギドからメッセージをもらった!とか,いまなら「チョコ誰に渡す?」といった話題も,ステージ攻略やネタバレ全開の感想で盛り上がったりも(これは別部屋が用意してあります).メギドのプレイ時間と同じくらい会話で楽しめるのがメギドだと思いますので,みなさまぜひそんな相手を見つけて欲しい.ゲームルームは今コロナウィルス対策の関係で開催されていませんが,東京近辺にお住まいの方は再開されたらぜひ「メギドやりに来ました!」とゲームルームに飛び込んでみてください.

ということで,とりとめのない文になってしまいましたが,きょう公開されたプロデューサーレターを読んでの感想でした.