フリーバトル 遭遇回数ランキング(8月後半)

フリーバトル遭遇回数ランキング(8月前半)はこちら.

8月後半,52試合20勝32敗の記録

私の8月後半のフリーバトルは,時間の都合等のため17日から20日ごろにかなり集中して対戦していたため,現在の状況はすでに変わっているかもしれません.アクィエルを軸としたパーティと,アスモデウスをリーダーとした構成を主に試していたのですが,アスモデウスの活躍の場を作り出せませんでした…勝率は4割弱.ひとまず対戦数がそれなりだったので20勝稼げたことがありがたいです.

特に,先日追加された7章1節では,PvPに大きな影響を与えるのではないかと思われるメギドが加入しました.9月のコロシアムは多彩で面白いかもしれません!ただ,しばらくはネタバレを避けるため『???』などの表記をしたいと思います.また,次のイベントで仲間になると発表されたベリト(バースト)や,激☆魔宴召喚から登場のフルーレティがどのようにかかわってくるかも注目したいところです.

さて,それでは52試合でのメギド遭遇回数,上位10体(同率アリ)をご覧ください.

列攻撃,全盛?ハックとアミーで20試合(約4割)

ハック(カウンター)14回
ウァサゴ(ラッシュ)13回
アクィエル(カウンター)11回
アリトン(カウンター)
ガープ(カウンター)
10回
ゼパル(ラッシュ)9回
カスピエル(カウンター)
カスピエル(バースト)
8回
3回
メフィスト(カウンター)7回
アモン(ラッシュ)
グシオン(カウンター)
アミー(バースト)
フォラス(バースト)
6回

カスピエルは参考として,バーストスタイルの遭遇回数も載せました.ノックバックで相手を後列にに揃えるハックに加え,10位タイには反対に引き寄せで前列に揃えるアミーが入ってきました.列攻撃がとにかく強い,という認識がされているでしょうか.

また,この引き寄せやノックバックは状態異常扱いのため,アクィエルは自身の特性で覚醒ゲージを+1します.その点でも列に状態異常をふりまくアクィエルとの組み合わせが評価されたのか,3位に入ってきました.

13回のウァサゴや9回のゼパル,6回のアモン(ラッシュ)などは特定の相手を急いで潰していくという速攻のスタイルですね.8月前半にはそれほど遭遇しなかったような気がしたのですが,コンボの要を落とそうという形でしょうか.また,ガープやアリトンなどのかばい手兼アタッカー,メフィストはマスエフェクトで状態異常無効を戦闘開始時からつけることができるなど,守りを固めるタイプのパーティも健在でした.状態異常も単騎狙いも,コンボの一部が潰されると厳しいパーティにはつらい戦いで,そうなるとフォラスはそういったコンボ型のパーティを加速する役目が多いので引きずられて減ったのかもしれません.

9月の予想 列攻撃の天敵が登場か?

さて,このように相手を一列に並べて一気にダメージを与えるタイプのパーティには少し嫌なニュースかもしれません.7章1節で加入した『???』は,その能力からして中途半端な列攻撃に対して圧倒的に強いことが予想されます.列攻撃の天敵登場となれば,ハックが少し減って各個撃破の戦いが展開されるかもしれませんし,列攻撃パーティによって頭を抑えられていたような,単体をきっちりかばっていくガープなどの飛躍が見られるかもしれません.

広告

フリーバトル 遭遇回数ランキング(8月前半)

好調な滑り出し

このブログを開設して半月が経ちました.フリーバトルで通算1000勝してBGMを手に入れえるという記事で始めたこのブログ,まだまだ時間制限などに慣れないですが,半月の成績は23試合で16勝7敗と良い勝率を得ることができました.また,この期間は新メギド【アクィエル】の登場でフリーバトルの環境が変わったかどうか?という題材でメタゲームについてこのブログで少し触れました.

人気のあるメギドは誰?

この話題をもう少し追いかけてみようということで,対戦相手が使っていたメギドを記録して,登場回数を数えてみました.ただし,誰と組み合わせてきたか,リーダーは誰だったか,オーブは何を持っていたかなどの条件は考慮していませんので,分析といえるほど大層なものではありません…それでは,遭遇回数上位のメギドを紹介していきます.

各メギドの性能や評価はGameWithのサイトを参考に上げておきますのでよければご覧ください.

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/119740

アリトン(カウンター) 23戦中6回
パイモン(ラッシュ) 23戦中5回
クロケル(バースト)
フォラス(バースト)
ハック(カウンター)
ガープ(カウンター)
23戦中4回
アクィエル(カウンター)
グシオン(カウンター)
イポス(カウンター)
アスラフィル(ラッシュ)
アスモデウス(バースト)
アミ―(バースト)
ユフィール(バースト)
23戦中3回

7月末のサバトおよびイベントで新登場したアクィエル(カウンター)とイポス(カウンター)がそれぞれ3回登場.やはり新メギドは使ってみたくなるということでしょうか.(私もアクィエルを使いましたがこの表には入っていません)6月末登場のアスラフィル(ラッシュ)も3回登場しているので,強いと評価されればフリーバトルの常連として加わっていくことが予想されます.

フォラス(バースト)など4体のメギドが4回登場しています.フォラスは減ったのではないか,と前の記事では書いたのですが,やはり人気は根強いようでした.ガープ(カウンター)は最初期にメインクエストで仲間になるメギドながら,ずっと役に立ってくれる心強い味方.フリーバトルでもその有用さを発揮しているようです.

4回以上登場のメギドは,以前からのフリーバトル常連といっていいと思います.速攻を仕掛けるパーティを組めるパイモン(ラッシュ),そして体力の減った味方を自動的にかばいに行くアリトン(カウンター)が今回は上位となりました.

今後の分析もやりたいと思っています

というわけで,半月間の人気メギドを集計してみました.これが8月後半になって変わってくるか,特にイポス(カウンター)とアクィエル(カウンター)は注目ですね.

この集計はスプレッドシートのマクロを使って作ったのですが,もっと複雑な分析にはまだまだツールの使い方を覚えなければいけないようです…

アクィエルがフリーバトルに影響を与えた?(ただの体験談)

フリーバトル1000勝を目標に掲げたこのブログですが,今日の成績は1勝2敗でした.負けると落ち込むのですぐパーティを変えようとしてしまうのですが,少ない対戦でどうこう言っても仕方がないとPvPのコツとして言われます.といっても1日1勝ですと1000勝までは2年半近くかかることになります…対戦数を増やす,目標が勝率ではなく通算の勝ち数ですからそれも大事なことです.

同様に,少ない対戦では何とも言えないものとして『メタゲーム』という概念があります.ここでいうメタゲームとは,対戦そのものではなく,例えば流行の作戦を調べておいて,それに対して有利なパーティを組んだ方が勝つ可能性が高い,といったような,対戦のひとつ前の段階でも戦いがあるよ,というくらいの意味です.さて,新メギド『アクィエル』が今回の激☆魔宴召喚(通称サバト)から登場したことによって,メタゲームに大きな変化はあるのでしょうか?

実はこの話,もっとたくさん対戦をしてからブログに書こうと思っていたのですが,どうも対戦数を増やそうとしている間にもメタゲームが変化しそうなのでひとまず書いてしまおうとなりました.

“アクィエルがフリーバトルに影響を与えた?(ただの体験談)” の続きを読む

時間と記憶との戦い…フリーバトル15秒の魔力

前のエントリで,フリーバトルではどのメギドも同じレベルに設定されるので条件は同じ,と書きました.それは確かなのですが,プレイヤーが踏んだいわゆる『場数』はしっかりと出てしまいます.裏を返せば,始めたばかりのうちはかなり厳しいということでもありますが,やり込んで慣れてくればチャンスも増えるということです.この『場数』についてなんとなく考えていたところ,さっそくそのような場面に遭遇しました.今回の対戦相手はこちら.

このパーティを見て,どこまで状況を把握できるでしょうか.画像にある通り,15秒間で一手を決定しなければなりません.ええと,左から行きましょうか.まずアリトンは体力が減った味方を自動的にかばいに行ってくれる特性を持つメギドです.バルバトスはカウンターのほうなので回復役,クロケルがリーダーで…あれ,クロケルのマスエフェクトってなんだ?

“時間と記憶との戦い…フリーバトル15秒の魔力” の続きを読む