目から鱗が落ちるゲーム メギド初めの10日間.(その1)

目から鱗が落ちるとは、あることをきっかけに、今までわからなかったことが急に理解できるようになることのたとえ。

http://kotowaza-allguide.com/me/mekarauroko.html

色々な物事にキャッチフレーズというものが付いています.その物事の内容を短い言葉で何とか伝えよう,という意図があります.メギド72はどんなゲームか,何が面白いのか?ということを話し始めたらキリがない程ですが,そこを何とかキャッチフレーズで表すとしたらどうでしょうか.私は『目から鱗が落ちるゲーム』というキャッチフレーズはどうだろうかと思いました.

メギド72攻略|勝算がある!

メギド72と聞いてこの『号泣』を思い浮かべる方もいるかと思います.ほら,なんだか目から鱗が落ちている場面にも見えませんか?実際にメギド72を遊んでいると,次々と新しい発見があります.時に行き詰まり,頭を悩ませ,そしてひらめく.あるいは誰かの発見を聞く.その時の快感はよいものです.メギド72はその快感を味わうゲームという側面があるのではないでしょうか.もしその快感に興味をもったら,ぜひともメギド72をダウンロードして遊び始めてみてください.この記事では,メギドを始めてから10日くらいの間に体験するであろうことを取り上げて,少し詳しく紹介していこうと思います.

10日間の体験.1章攻略くらいまでを目安に

これまでにゲーム,特にロールプレイングゲームやシミュレーションゲームを遊んだ経験はあるでしょうか.メギド72もその要素を含んでいますので,経験の豊富な方は10日と待たずに先へと進めるかもしれません.好きな時間にプレイして,中断して,また再開できるのがゲームの特徴ですが,そうは言っても必要な時間や,プレイするのにおすすめのタイミングというのもあります.それを考慮に入れると,ゲーム中の1章を攻略するまでを10日間の目安とするのがちょうどよいかなと感じました.これから数回の記事で,その中身を少し詳しく,でも物語のネタバレには気を付けて紹介していきます.

また,この記事の公開から10日後には,おそらく普段よりもメギドを手に入れやすい『激☆魔宴召喚』が開催されているのではないかと思います.10日間毎日ログインすることでもらえるログインボーナスを考慮して,召喚の方針は以下のようにします.

  • 魔宝石が手に入るようになったら,『メギド1体確定10連召喚』を1回(魔宝石1500個使用)だけ行う.
  • 『激☆魔宴召喚』の期間中までに,さらに魔宝石4500個分を手に入れる.これを使用して30連の召喚をする.
  • 1600個の魔宝石が手に入る『指名召喚チケット付き魔法石セット』はまだひと月程度余裕があるので,購入するかどうかは保留しておく.

プロローグ~メインクエスト アジトへの到着

それでは,実際にゲームを始めてみましょう.まずはデモムービーのようなものが始まりました.

謎の怪物と向かい合う5人.その間に3色の物体が出現し,怪物とキャラクターたちに吸い込まれていきました.場面を進めると,今度はその物体【フォトン】を動かすように指示されます.フォトンをキャラクターに渡すのがプレイヤーの役目です.それがわかれば大丈夫.ただ,下の場面には注目してください.

このウォールバスターという敵は,いざ青の【アタックフォトン】が欲しい場面でそのフォトンを持っていってしまいます.敵味方で同じところからフォトンを取り合うので,自分が欲しいものと相手に渡したくないもの,どちらを優先するかを判断するのが戦術として今後重要になります.

やり直し可能な召喚の判断材料は?

これを済ませたら,メインクエストに進み,召喚画面にやってきます.今回の召喚に限り,結果が気に入るまで何度でも引き直しができますが,何が良い結果なのか判断材料がまだありません.例えば下の画面. この結果を確定してよいのかどうか,決めろと言われてもちょっと困ります.ですので,そのことについて述べようと思います.

この画面には,色や形の違う宝石が並んでいます.四角い宝石が味方に加わるキャラクターである【メギド】,とがった宝石はメギドに持たせる【オーブ】です.結果の主な判断材料はメギドのほうです.ここでは3種類のメギドが出ています.出てくるメギドの種類は,攻略サイトGameWithの記事にあります.

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/122224

この中から,オススメと付いていたり,見た目等が気に入ったりしたメギドが出れば,一つ成功だといってよいでしょう.ただし,同じメギドが2回出てきたときはやり直すのが良いと思います.私は,『ラッシュ』の召喚に出てくる【ゼパル】を狙ってみます.何度か引き直しを繰り返して,【ゼパル】と【ビフロンス】の2体のメギドが出てきたタイミングで確定することにしました.

メインクエスト開始 さっそくゼパルをリーダーに選ぶ

結果を確定させるとメインクエストが再開します.クエストに挑戦するパーティを選ぶことになり,上のような画面に.すでに先ほど引いたゼパルとビフロンスがいますね.今回はこの7体から5体をパーティに入れます.せっかくなので,引いたゼパルをリーダーにして,あとはビフロンスと適当な3体を選んでおきます.この時点ではまだクエストに誰を選んでも困りません.

マップ画面を進んでボスのところに着いたら,さっきまでやっていたフォトンの取りあい,【フォトンドラフト】です.とるのが赤いチャージフォトンだらけにならないように注意しておけば,ここから数回のクエストはクリアできると思います.もし誰かが倒されてもゲームオーバーにはなりません.もし全員倒されても,そのクエストを頭からやり直すだけでメギドを失ったりはしないので安心しましょう.

アジトに到着して,もう一回だけ召喚

いくつかクエストをクリアすればアジトに到達できます.そしてアジトで「ログインボーナス」をもらいます.いくつかのボーナスを次々ともらいますが,はじめにもらえる中で重要なのは1500個の魔宝石です.

この魔宝石を使って召喚を行います.また,3日目や5日目のログインでも500個の魔宝石をもらえることが示されています.

さて,もしかすると引き直し召喚でかなりの時間を使っているかもしれませんが,あと1回だけ,今度はやり直しのない召喚をしておきましょう.先ほどもらった1500個の魔宝石でメギド確定召喚を行います.

結果がこちら,ムルムルとフラウロスというメギドが手に入りました.確定は1体なので2体目はラッキーです.これでメギド初日にやることは終わりました.もちろん先に進んでもいいですが,今回の記事ではひとまずここまで.お疲れさまでした.

広告

今からはじめるメギド チケット買う?買わない?

指名召喚チケット販売中

今回はゲーム序盤で手に入る魔宝石の量と使いどころについての話です.初回召喚のおすすめについて書いた以下の記事で,ゲーム開始後の魔宝石を使った召喚について書きました.

その後はストーリーやイベントのクリアで手に入る【魔宝石】を使って召喚を行うのですが,これは毎月月末から次の月の初めにかけて行われる【激☆魔宴召喚(通称サバト)】までとっておくのがおすすめです.

https://forest-in-mind.jp/2019/08/13/first-summon/

これ自体は確かなことなのですが,今のタイミングで始めようという人については,もう一つ考慮することがあるのに気が付きました.それが指名召喚チケットです.これは9月30日までに一度だけ購入可能なもので,魔宝石1600個(3000円)のオマケとして付いてきます.指名召喚チケットを使うと,決められたメギドまたはSSRクラスのオーブの中から一つ選んで手に入れることができます.普段は課金をしない人でもこれだけは買うというほどの貴重品なので,アプリへの課金に抵抗がなければぜひおすすめします.

期間限定セットA-3が指名召喚チケット付きの魔法石1600個セットです.

誰を指名するか選ぶ前に

指名チケットは,購入した後10月7日までとっておくことができますが,早く新しいメギドが欲しくもあります.しかしせっかく指名して手に入れたメギドを直後に召喚で手に入れたら,なんだか複雑な気分になりますよね.そこで,指名チケットは月末のサバトの後に使うとよいですよ…ということなのですが,もう一つ考慮することがありました.

それは,スタート時から4回まで可能な『メギド1体確定10連召喚』です.これはサバトとは無関係で,サバト期間中でも1体確定して召喚される以外はメギドの出現率は5%です.いつまでとっておいてもなくならないものなので,魔宝石に余裕がある時まで使わないでおく…というのも一つの手なのですが,前述の通り指名召喚チケットを持っているとなると少し状況が変わると思います.では,すぐに確定10連を引いてしまってもよいでしょうか?そこは,魔宝石の量との兼ね合いになります.サバト用にも魔宝石は確保しておきたいところですからね…

9月中に2章クリアを目指す

そこで,今すぐゲームを始めて9月末までに,どのくらいの魔宝石が手に入りそうか確認してみました,それが次のようになります.

手に入るタイミング手に入る個数
1章をすべてクリア2000個
2章をすべてクリア1000個
スタートダッシュログインボーナス10日分3500個
通常ログインボーナス40日(10日分を4周)1720個
指名召喚チケット購入1600個
合計9820個

ここに,ゲーム中に特定の条件を達成するともらえるミッション報酬が加わると,おそらく10500個,10連召喚が7回できることになります.そこで,仮に確定10連召喚4回(6000個)をすべて行うとすれば,サバトに使えるのは10連3回(4500個)ということになります.指名召喚チケットを購入する場合には,この配分をお勧めしたいと思います.(購入しない場合は10連6回分になり,すべてサバトに使ってもよいかもしれません)

ということで,このブログでは9月中に2章までをクリアする,かつミッション報酬をある程度手に入れることを目標に,スタートガイドという感じの記事をいくつか書いていく予定です.

初回引き直し召喚(通称リセマラ)個人的おすすめ

夏の祭典(コミックマーケット)お疲れさまでした

私は行くことができなかったのですが,先週末から東京でコミックマーケットが開催されました.メギド72のグッズとか買いたかったなあ…そして,さらに進んでtwitterにて『コミケにメギド72でサークル参加したいなあ』というような内容をつぶやいたところ,フォロワーの方が『メギドって面白いですか?』と興味を持ってくださいました.そりゃもちろん面白いですよ!と即答しました.という個人の事情丸出しで,今回はゲームを始めてすぐにメギドを手に入れることのできる【気に入るまで何度でも引き直せる10連召喚】について書きたいと思います.

メギド72のリセマラ

リセマラと呼ばれる引き直し可能10連召喚,リセマラというのは【リセットマラソン】という言葉の略だそうです.気に入るまで時間をかけて坦々とやり直しを繰り返すことをマラソンと表現しているのですね.

このリセマラでは,メギドの大まかな特徴別に【ラッシュ】【カウンター】【バースト】の3種類のスタイルから好きなものを選んで10回の召喚をすることができます.召喚では2体,運が良いと3体のメギドと,メギドが装備できるアイテムであるオーブが8個または7個手に入ります.これの結果が気に入らなければスタイルの選択からやり直すことができます.ちなみに,オーブも【ラッシュ】【カウンター】【バースト】に分かれており,それぞれのメギドのスタイルによって使えるオーブか異なります.詳しいガイドはGameWithの以下のページにありますので参考にどうぞ.

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/122224

さて,前述の通り何度でもやり直せる10連召喚ですが,じゃあどんなメギドを引いたらOKなのかということになります.これもガイドにある通り,見た目でも能力でもなんでも気に入ったらよし,誰を引いてもそのメギドなりの活躍があって後で困ることはない…のですが,見た目はともかく召喚されるメギド全員の能力をこの時点で把握するのは大変です.そこで,上のガイドとはまた別に私はこのメギドがおすすめですというものを各スタイル1体ずつ書いていきたいと思います.

ラッシュのおすすめ ムルムル

【ラッシュ】を選んだ場合,まず1枠目としてゼパル,ウヴァル,オセのうちから1体が出ることが決まっています.ラッシュは全般的にそうですが,この3体はどのメギドも攻撃に長けているので,2枠目はサポートのできるメギドがいいかなと思います.ということで私のおすすめはムルムル.

【メギド72】ムルムルの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/120120

ムルムルは,奥義を使うようにするのがおすすめの使い方です.奥義では,味方全体に自然回復の強化を付けること,そして全員にアタックフォトンを一つずつ追加することができます.

通常,1ターンに味方全体に割り振れるフォトンが5つ,ムルムルの奥義はそれと同数の5つ(5人パーティの場合)を味方に与えてしまいます.つまり,行動回数がなんと倍に!この類の【フォトン追加能力】はとても強力です.ぜひ体験してもらいたいです.ラッシュには同様にスキルフォトンを全体に配るアンドロマリウスもいて,こちらもまたおすすめです.

カウンターのおすすめ セーレ

【カウンター】を選んだ場合は,状態異常などの付加効果があるメギド,ベリト,ガミジン,シトリーが1枠目.ガイドにある通り,どれもおすすめできる心強いメギドです.さらにバトルにおいて素晴らしいサポートのできるメギドもいますが,私自身の持っているメギドの中からはセーレ君をおすすめしたいと思います.

【メギド72】セーレの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/120139

セーレは戦闘においてはちょっと頼りなさげに思えます(もちろん使い方次第で活躍できますが).しかし,特筆すべきはメギド72の特徴でもある【攻略チケット】の使用時に発揮される「レアアイテムが手に入りやすくなる」という能力です.

攻略チケットは,RPGではおなじみの「アイテム集め」で役に立つ品物.一度でも全員が生き残って勝利(コンプリート,もしくは金冠などといいます)したステージは,同じ戦闘を繰り返さなくても攻略チケット1枚で1回クリアしたことになり,経験値とアイテムを手に入れることができます.戦闘でアイテムを手に入れるのは,いかに戦闘の面白いメギド72といえども繰り返し作業になって面倒なときも.特にレアアイテムが出るまで粘るとちょっと大変です.そういった「退屈かもしれない時間」を大きく減らしてくれるという点で,とてもありがたいメギドです.

バーストのおすすめ フォラス

【バースト】では,一撃必殺を狙えるメギドであるフルフル,フルカス,ストラスという1枠目.そして2枠目もまた一発逆転を狙えるメギドがそろっています.その中でのおすすめはフォラスです.

【メギド72】フォラスの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

https://gamewith.jp/megido72gw/article/show/120091

フォラスはとにかくそのサポート能力がすごい.ストーリー序盤で参加してくるメギドが一通りそろうと,攻撃担当,守備担当,回復担当と揃ってくるのですが,フォラスはそこになかなか入ってこない貴重な「味方の強化」という役割を担ってくれます.これがまた使い慣れてくると楽しい楽しい.せっかく引き直しできるのなら,ぜひ手に入れて欲しいメギドといえます.

おまけ:今始めるなら魔宝石は温存がおすすめ

ということで,引き直し10連召喚における各スタイルの個人的おすすめメギドを紹介してきました.その後はストーリーやイベントのクリアで手に入る【魔宝石】を使って召喚を行うのですが,これは毎月月末から次の月の初めにかけて行われる【激☆魔宴召喚(通称サバト)】までとっておくのがおすすめです.今から始めると,ゲームに慣れてストーリーもそれなりに進み,魔宝石が貯まってきたタイミングでちょうどサバトになるのではないかと思います.サバトではメギドの出現確率が普段の倍である10%となる召喚ができます.ここで新しいメギドを手に入れて,また戦略の幅を広げるとますます楽しくなりますよ.

7月末の激☆魔宴召喚

月末恒例の『激☆魔宴(サバト)召喚)』の期間がやってきました.この期間はガチャでのメギド出現率が普段の2倍,全体で10%の確率でメギドが手に入ります.もちろん,どのメギドが来てもうれしいのですが,今回はPvPには欠かせないともいえるメギドを引き当てました!

“7月末の激☆魔宴召喚” の続きを読む