ストラス(ラッシュ)研究 オーブで安定!点穴連打パーティ

ひさびさ!ストラス(ラッシュ)研究

今回はメインアジト,☆6メギドの話題です.このブログでは何度か,ストラス(ラッシュ)をうまく活かしたパーティについて考えてきました.専用霊宝が追加されてからは今回が初のストラス(ラッシュ)研究となります.

ストラスの専用霊宝や奥義の点穴結集については,こちらの記事で解説しています.簡単におさらいしておくと,点穴結集状態のストラスは点穴を得るときにその値が2倍になります.そして,点穴が100以上だとスキルで点穴値の50%が戻って来る…つまり,点穴結集なら100%戻って来るという仕組みです.

より正確に言えば,ストラスがリーダーの場合は,自身のマスエフェクトによって得られる点穴が+5となり,点穴結集であればこの値も2倍になって元の点穴値+10が戻ってくるわけです.その時はどうなるのか?というのも確認しましょう.点穴値が80以上100未満の場合,スキルを使うと点穴値の45%が戻ってきます.これに+5したうえで2倍すると,点穴結集で手に入る分ということですね.その値は

  • 80なら,80の45%(36)+5で41,倍の82が戻ります.82からは切り捨てで変動ありません.
  • 90なら,90の45%(40)+5で45.倍で90がそのまま戻ってきます.
  • 100ならこれが50%に上昇するため,50+5の55が2倍になって110(一心ありの場合).110なら(55+5)×2で120と10ずつ増えることになります.

ということで,実はリーダーのストラスは点穴80以上あれば,奥義とスキルの組み合わせで点穴を維持できるのです.

フォトン追加オーブを使って確実に連打しよう

というのを踏まえて,今回紹介するのはオーブを使って安定した攻撃を行うことができるパーティです.こちらをご覧ください.

オーブといえばフォラスとナベリウス,ということでこの2名を採用しています.特にナベリウスがいるとミミックを2ターン目に使うことができるのでとても有効ですが,もちろん3ターン目以降ならばラッシュのメギドであればよいです.ただし行動順に注意してください.

  • 水獣ソーサラー役が最も速いこと
  • ミミック役よりもいたちブラスター役とストラスのほうが速いこと

上のパーティでは,ストラスにシェルドレイクを装備させればこの条件を満たすことができます.(素早さ順はフォラス→ベリアル→ストラス→サラとナベリウスは素早さ同時)そして,発動ターンの動きはストラスをターゲットして

点穴供給役にスキル,その後ストラス以外全員がオーブ

これだけです.

では,このオーブ一斉使用をするとどうなるか,動画をお見せします.相手は大幻獣「地龍帝スムドゥス」の難易度エクストリームです.

1ターン目は普通にサラのスキルとストラス自身のチャージで点穴を溜めます.そしてオーブ発動は2ターン目.さて,何が起こったのか動きを画像とリストで確認していきましょう.

  1. フォラス:水獣ソーサラーでストラスにチャージフォトンを追加
  2. ベリアル:いたちブラスターでストラスにアタックフォトンを追加(チャージ→アタック)
  3. ストラス:チャージフォトンを使用して覚醒,点穴+10(アタック)
  4. サラ:スキルを使用してストラスに点穴+20
  5. ナベリウス:ミミックでストラスにスキルフォトンを2つ追加(アタック→スキル→スキル)
  6. ストラス:奥義を使用して点穴結集状態(2回)と防御力上昇(スキル→スキル)
  7. サラ;いたちブラスターを使用してストラスにアタックフォトンを追加(スキル→スキル→アタック)
  8. ストラス:スキル→スキル→アタックの順に3連打!

この動きがサラにスキルを1個取れるだけで起こります.しかもこのスキル1個は順序の調整という意味合いがあるので,点穴値が十分溜まっているならアタックでもチャージでも構わないのです.

ストラスはこの動きの間に3番で覚醒しておく必要がありますが,水獣ソーサラー役がフォラスであれば1ターン目にもチャージフォトンを渡せるので必ず覚醒できるでしょう.

一応サラがスキルフォトンを取ったとすると,ストラスが攻撃を始める前に,このターンで点穴値が+30されています.そうすると3連打でどのくらいのダメージになるのかが下の表です(もちろん100を超える分は一心発動が必要).カッコの中は,最後がアタックでなくスキルだった場合に残る点穴値です.最低で点穴50の状態からでも点穴値を維持できるのがストラス(専用霊宝付き)の強みでしょう.

ターン開始時の点穴値攻撃開始から点穴値の変動3連撃分の点穴ダメージ合計
5080→82→82(→41)39696
6090→90→90(→45)48600
70100→110→120(→65)73000
80110→120→120(→65)81800
90120→120→120(→65)86400

上の表にあるダメージで倒せそうな主な大幻獣をあげてみます.これらの大幻獣は防御力がとても高かったり,ダメージを大幅に軽減してきたりという性質があるので,点穴によるダメージが効果的です.また,できるだけ急いで倒したほうがいい相手でもあります.

大幻獣HP(難易度ベリーハードHP(難易度エクストリーム
ベインチェイサー3198634580
魔法猫オスカー6000080000
ファロオース
84447
(63336で捕獲)
101080
(75770で捕獲)
水樹ガオケレナ1460816872
地龍帝スムドゥス3509547424

応用編:2ターンに分けて4連打(オスカー対策)

次はちょっと変型版,ほぼオスカー討伐専用と言ってもいい動きです.

オスカーは奥義で全体をねずみ化してきます.ねずみにされてしまうとストラスのスキルはただの攻撃になってしまうので,点穴値が戻ってきません.そのためチャージフォトンはできるだけ取らせずに速やかに倒したいですね.ストラスはチャージフォトンでも点穴がたまるので,この点で相性がいいと思います.それでも奥義を撃たれてしまいそうなときに,1ターンだけ早く動き出すやり方です.

3連打で与えるダメージは上の表通りですが,カッコの分まで合わせると点穴70からスタートして73000に点穴65の分(8450)を加えて81450.オスカーEXを倒すことができます.とはいっても,積めるフォトンが3つなので,仮に最後にサラがミミックを使うとしても1ターンでは4連打は出せません.

そこで,ちょっと冒険になりますが,最後のサラが使ういたちブラスターを省略して,ストラス以外の誰かに適当に割り振っておきます.すると,体力が減ったオスカーは怒り状態になります.そして次のターンにストラスがスキル→アタックかスキル と取ることができれば,一撃目のスキルでオスカーはフラフラになり,行動不能のまま4連打が成立するというわけです.

また,後半の2発については点穴結集の効果は切れているため,サラがスキルによって点穴を補充しても問題ありません.フォトンの運しだいになりますが,そうやってダメージを伸ばすことも可能です.(オスカーが相手なら必要はありませんが,ギリギリ81450では足りないファロオースのベリーハードなどに有効です)

相変わらずですが,この点穴速攻という戦術を切り開いたストラスはすごいと思います.皆さんのアジトにストラス(ラッシュ)がいたら,ぜひお試しください!

ストラス(ラッシュ)研究 2ターンで点穴満タンの速攻編

メリークリスマス!ひさびさのストラス(ラッシュ)のお話です.3か月も経ってしまいました…その間に,点穴パーティにはうれしい出来事がありました.これまで点穴は100が最大値だったのですが,霊宝で「一心」の系譜をそろえることによって,最大値を120まで上げることができるようになりました!これをきっかけに,点穴使いであるストラス(ラッシュ)をうまく使える場面を見つける研究もはかどりました.今回は,ストラスならではの点穴戦術をご紹介します.なお,実例として5章のステージを使用していますので,ネタバレしたくない方はご注意ください.

点穴集結!倍の速度で一気に溜めよう

まずはストラス(ラッシュ)の能力について確認しておきましょう.GameWithのストラス(ラッシュ)紹介ページはこちら.

ストラス(ラッシュ)の点穴を素早く溜めるには、まずストラスをリーダーにして,マスエフェクトの「得られる点穴+5」を適用します.これによって,ストラス自身にチャージフォトンを渡したときに+10,サラやサタナキア(☆4以上)のスキルで点穴を付与したときに+20の点穴値を得ることができます.

ここに,ストラスの奥義である「得られる点穴の値が2度だけ2倍になる」を合わせると,+5された後の数値が2倍になります.チャージフォトンなら+20,サラ,サタナキアのスキルなら+40と,一気に多くの点穴値が溜まります.

では,点穴を120溜める手順を検討します.奥義を使うためにチャージフォトンを取ることを考慮すると,ストラス(ラッシュ)の覚醒コストは4なので,チャージフォトン2個でまず20.2倍の点穴値を得られるのは2度なので,

  • スキル2回なら40+40で80、あと一度スキルを使えれば+20で120になります.
  • スキル1回とチャージフォトン1回の場合は40+20の60なので、あとはスキル2回が必要です.

これを実際のフォトン使用順と合わせて考えた場合,一番簡単なのは

1ターン目:スキルフォトン2個(40),チャージフォトン2個(20),アタックフォトン1個(奥義発動)

2ターン目:スキルフォトン1個(20×2=40),チャージフォトン1個(10×2=20)→攻撃

となります.このパターンを使って2ターン目に点穴120で攻撃すると,ストラスのレベルが70の場合,(120×120)×70÷35=28800のダメージを与えることができます.さて、これでちょうど倒せそうな相手が…いました.ステージ47のベリーハード,HPは28262とピッタリの相手です.攻略パーティはこちら.

ここのボス,ガブリエルは点穴に相性の悪い「暗闇」の効果を与えてきます.そこで,ストラスには暗闇耐性をもつオーブ「クイックシルバー」または「八つ裂きマーダー」を持たせます.装備するオーブを相手に合わせて選べるのもストラスの利点です.また,チャージフォトンとアタックフォトンを確実に提供するために,オーブの「水獣ソーサラー」と「いたちブラスター」を,それぞれフォラスとナベリウスに装備させています.サタナキアのオーブは特に問いません.オリアス(カウンター)はフォトンの予言をする係で,基本的に何もしません.余計なフォトンを処理してもらいます.

動画の通り,上に書いたパターンに沿ったフォトンの運用で見事に2ターン目の2巡目に点穴120の攻撃が決まりました!

速さ&調節力!ダメージ計算で大幻獣捕獲

さて,もう一つの例を紹介します.ここでは,ストラスのスキル+によって攻撃後に点穴値を回収するパターンを使います.

点穴による攻撃は,通常のダメージに加えて点穴値に応じた固定の追加ダメージを与えます.この性質をうまく使えるのは,体力を25%未満に減らす必要がある大幻獣の捕獲でしょう.今回の標的は魔法猫オスカー(ベリーハード)です.オスカーのHPは60000なので,捕獲に必要なダメージは45001以上(かつ60000未満)となります.

ストラスのスキル+(☆4以上のスキル)では,点穴値100以上で攻撃した場合,攻撃後に点穴値が+45されます.そして,ここにもマスエフェクトの+5と,奥義の点穴集結による2倍の効果がかかります.つまり,普通にスキルを使った場合は+50,点穴集結状態でスキルを使った場合は+100となります.

点穴で与える固定のダメージは,100の時20000,50の時5000です.そのほかに通常のダメージが入りますので,

点穴100(20000)+点穴100(20000)+点穴50(5000)=45000

で,通常のダメージと合わせればわかりやすく捕獲可能ということになります.ここではちょっと細工をして,ストラスに中サイズの霊宝「エベーヌフェイス」を追加で装備させておきます.エベーヌフェイスは,素早さを5%上昇させます.これと一心の小霊宝である「歓喜の雫」による素早さ上昇を合わせると,ナベリウスより素早くなります.この行動順に注目して動画をご覧ください.(動画では一心の霊宝によって,1回目の攻撃が点穴120,28800ダメージになっていますが,捕獲のためには問題ないため装備を変更しませんでした)

1ターン目は先ほどと同様に,点穴をためつつ奥義を打ちます.2ターン目には,(偶然出たのでオーブを使わず)もう一度奥義を使用して点穴集結の回数を2に戻しました.

そして,ここがポイントなのですが,3回目の攻撃では点穴値を50にしたいので,一度だけ点穴集結を無駄遣いして,120→100→50となるよう調節が必要です(うっかり3回目も100にしてしまうと60000ダメージで倒してしまいます).そこで,チャージ→スキル→スキル→アタックと4回の行動を行います.この時に,ストラスがナベリウスよりも素早くなっていると,一つ目のチャージフォトンを使った後にナベリウスがいたちブラスターを使うので,フォトンが3つ以内で収まり,4回行動ができるというわけです.

以上が,今回のストラス(ラッシュ)研究でした.後日もう1度,研究成果発表を予定しています.お楽しみに!

ストラス式点穴: ベインチェイサーEX 2ターン撃破編

先日予告した,ストラス(ラッシュ)を軸とした点穴戦略の例がさっそく一つできました!点穴は固定ダメージを与える戦略なので,通常のダメージを与えづらいような,防御力が高かったりダメージを大幅にカットしてくる相手に有効です.今回は標的として,大幻獣ベインチェイサーの難易度エクストリームを選びました.

パーティ編成

今回使用の点穴パーティです.ストラス(ラッシュ)がリーダーの時,前列のラッシュキャラは位置によって,マスエフェクトの「得られる点穴+5」が付きます.もちろんストラス自身にもこの効果が付いています.

点穴を付与する担当はサタナキアです.この位置には他に,サラやマルバス(ラッシュ)が入っても大きく戦略は変わりませんが,ウァサゴと同時に起用した場合には下にある参考動画のような動きができるということで少し有利な面があります.フォラスとナベリウスはオーブの使用間隔が短くなるというおなじみの能力が大事.ここではいたちブラスターと水獣ソーサラーを持たせて,アタックフォトンとチャージフォトンを出しやすいようにしています.

基本的な動き

これがストラス式点穴の基礎的な動きです.基礎的というか,フォトンがとても良い配分で出現してくれたため,ほとんど理想形だと思います.サタナキアのスキルは味方単体の点穴を+15しますが,マスエフェクトによりさらに+5が追加されて,スキルフォトン一つで点穴+20.ストラス自身は特性により,チャージフォトン使用時に点穴+5,ここにもマスエフェクトがかかって+10になります.ということで,スキルフォトン2個とチャージフォトン2個で合計60の点穴を1ターンで得ています.

そして,ストラスの奥義は『自身が得る点穴の値を,2回まで2倍にする」というもの.この奥義を使ったところで1ターン目が終了しました.

そして2ターン目.ストラスがオーブを使っているのはサタナキアより素早いための行動順調整です(持っているシェルドレイクは素早さをあげるので,わざとサタナキアより速くしています).奥義で点穴上昇が2倍のところにサタナキアのスキル,点穴+20が来たことにより倍の40が加わって,合計で点穴レベルが最大の100になりました.そしてこの後がとどめの攻撃.ストラス(ラッシュ)のスキルは,攻撃した後に,その時溜まっていた点穴レベルに応じて点穴値が付与される,という能力です.点穴レベルが100の状態でスキルを使うと,通常は点穴+45(☆4以上,スキル+の場合)となります.この時にストラス自身がリーダーだと,先ほど説明したマスエフェクトにより+5が加わって点穴+50.さらに奥義の効果で『得られる点穴の値が2倍』なので…なんと点穴+100になります.

点穴100が付与された攻撃は固定ダメージとして20000ダメージが追加されますので,点穴100で2万ダメージを与えた後,点穴が+100されてもう一度20000ダメージを与えることができます.合わせて40000のダメージで,ベインチェイサーあっという間に仕留めることができました!

参考:覚醒スキルの使用

さて,これはあえて『スキルフォトンが1ターン目に出なかったら?』という想定の下で動いた別の攻撃パターンです.ウァサゴが奥義でほか4人の覚醒を+1します.サタナキアの覚醒ゲージは3なので,水獣ソーサラーといたちブラスターによるチャージとアタックで奥義を発動できます.サタナキアの奥義は,『ラッシュの味方全員に点穴+15』です.マスエフェクトが入って,前列のストラス,ナベリウス,ウァサゴにそれぞれ+20の点穴が入りました.注意すべきは,この後でうっかり攻撃をしないことです.攻撃してしまうとせっかくの点穴値が0に戻ってしまいます.

この状態で,2ターン目のストラスは奥義ではなく覚醒スキルを使います.ストラスの覚醒スキルは『前列の味方全員の点穴値を最大で20ずつ徴収する』というもの.先ほどのサタナキアによる奥義で,ウァサゴとナベリウスにはそれぞれ20の点穴がありますので,これを徴収して+40(+マスエフェクトの5)という方法で点穴値を増やします.そのあとはチャージとアタックで再覚醒,奥義とすれば,最初と同じ,スキル一発で20000ダメージかつ点穴+100の状況が出来上がり,というわけです.

点穴連打!ストラス(ラッシュ)研究はじめます

20000ダメージを出したくないかね?

突然ですが,メギド72をプレイしていて,こんなミッションを見かけたことはないでしょうか?

『〇〇に一度の攻撃で20000ダメージ以上与えよう』

ちなみに20000ダメージがどのくらいの量かというと,前半戦最後の強敵,3章ボラスボスのアバドンがHP20221.ストーリーを進める上では一度に20000ものダメージを与える必要は基本的にありません.

私がメギド72を始めたころに行われていた期間限定イベントでも,このミッションが入っていました.そして,そのイベントをクリアして手に入る仲間は,ある能力を持っていたのでした.

ご覧ください!6932ダメージの下に輝く『点穴!』の文字と13142ダメージ,合わせて20074ダメージ達成の瞬間を.このミッション達成に私とメギド部の友人たちで大いに盛り上がったのでした.

点穴使いといえばあのメギド?いやこれからはこのメギド!

点穴というのは一部のメギド達が使える能力で,点穴レベルと呼ばれるパワーを溜めてから攻撃をすると,通常のダメージに加えて,溜めた点穴レベルに応じた追加ダメージを与えることができるものです.解説がGameWithさんのページにあるので参考にどうぞ.点穴の最大の特徴は,溜めたパワーに応じて「一定量のダメージ」を確実に与えてくれることです.メギドのレベルを上げて,点穴を100まで溜めれば,バリアなどでダメージそのものを無効化されない限り「防御力に関係なく20000ダメージ」を与えることができるのです.

メギド72の点穴使いというと,真っ先に思い浮かぶのはベリアルでしょう.点穴の短所はパワーを溜めるのに時間がかかりがちなところと,一撃放つとパワーを一から溜め直しになるところなのですが, 育成するのはとても大変ですなものの,パワーの消費を抑えて点穴による大ダメージを連発できる『固定砲台』という能力を持つ唯一のメギドです.

そして,それほど話題には上がりませんが,『撃ったら溜め直し』の点穴のパワーを実質的に溜めたまま維持できるメギドが実はもう1体います.それがストラス(ラッシュ)です.

実は私もこのストラス(ラッシュ)を手に入れて最大レベルまで育てたものの,ベリアルの固定砲台が点穴としてとても優秀なためにそちらばかりを使っていました.ストラスを使おうと思ったきっかけはつい先日の第3回共襲イベントでした.この共襲イベントに登場したバグ―という敵が,スタート時の防御力はものすごく高いが,少しずつ防御力が下がっていくという性質の持ち主でした.そこでバグ―を倒すためには後半に向けて大ダメージを出す手段を準備しておくのが常套手段だったのですが,私は「前半にも大ダメージを与えたいなあ」と欲張って,この点穴を試してみたのでした.その際に選んだのがベリアルではなくこのストラス.

結果はというとあまり良いものではありませんでした.しかしその試行錯誤のなかで,私はこのストラスを運用するヒント、というか糸口を見つけたような気がしたのです.というわけで,今後のこのブログでは時々,難関ステージをストラスで攻略するという企画を進行していきたいと思います!おたのしみに!