いきなり苦戦する場合は メギド初めの10日間(その2)

アジトまでの道のりで苦戦したら

記事その1では,ゲームを始めてからアジトにたどり着き,魔宝石を使った召喚を1回行うところまで書きました.ステージの進め方や戦闘の仕方をつかんで,すでに先へ進める人はどんどん進んで,なんとかステージ5をクリアしてしまいましょう.イベントクエストという,一定期間ごとに入れ替わるクエストに参加可能になります.そこでも魔宝石が手に入り,仲間も増えます!また,そのような人はこの項目に書いてあることの多くは退屈に思えるかもしれませんので,飛ばしてしまってもいいと思います.

反対に,アジトにたどり着くまでの戦いで苦戦してしまった,もしくは苦戦どころか全員倒されてしまい先に進めないという場合はどうでしょうか.たとえば,ステージ1-3のボス戦.ボスの集中攻撃を受けて誰かが倒されてしまった,ということは結構おこります.全員が倒される前に何とかなれば一応先には進めるのですが,先行き不安であることには違いありません.下の画像では,1-3でウェパルが倒されてしまい,クリアはしたが銀色の王冠が表示されているという状態です.

この記事その2では,ステージ1と2までを全員生存のコンプリートでクリアする作戦について,アジトでまず行っておきたいことと併せて書きたいと思います.

さて,攻撃を受けて体力が減った味方をどうにかする方法はあるでしょうか?一つは,この時点で必ずパーティに参加できるメギド,【バルバトス】の奥義によって体力を回復させる方法です.

ここに来るまでの戦闘で,何度か奥義は使ったでしょうか?奥義を使うには,使いたいキャラクターの覚醒ゲージを一杯にした状態でアタックフォトン(青)を渡します.バルバトスの覚醒ゲージは3なので,チャージフォトン(赤)でゲージを2,もしくはアタックフォトンでゲージを1の組み合わせでゲージを3にすれば奥義を使えます.奥義によって,シャックスの体力が回復したところをご覧ください.おそらく1度回復ができれば,次に体力が減らされてピンチになる前にボスを倒せると思います.それでも厳しければ2度目の回復を準備しておきましょう.奥義を使った後,そのキャラクターの覚醒ゲージは0に戻りますので,再びバルバトスにフォトンを渡せば覚醒ゲージが溜まって奥義が使えるようになります.

さて,それでも全員生存できない時は,ひとまず銀冠でのクリアを目指し,先に進んでおきましょう.ステージ2-1をクリアすればアジトにたどり着きます.そこでいくつかの事をこなして,自信が付いたら再挑戦です.

ミッションを達成して魔宝石を稼ぐ

上の画像はアジト画面です.記事その1のように確定召喚を1回行った場合,魔宝石はおそらく200個くらいになっているはず.その後,ここでアジトの利用法を確認していくと,いつの間にか700個近い魔宝石をもらえることになります.一つ一つ達成していきましょう.

ミッションの確認

アジト画面の左上にある,巻物の絵が付いた青いボタンがミッションの確認画面です.開いてみると,もしかしたらこれまでの戦いで達成済みのミッションがあるかもしれません.それは残ったままだと見づらいですし,ありがたく受け取っておきましょう.そうしたらまず,ゲームの進行とは直接関係ないミッションから達成してしまいましょう.

おしらせと設定画面の確認

アジトに到着したときに,ログインボーナスの受け取り前に「運営からのお知らせ」画面が出てきたと思います.この画面をいつでも表示できるのが,アジト画面上の緑色の手紙のアイコンです.これをタップしてお知らせを見れば,ミッションを一つ達成して魔宝を入手できます.

それから,アジト画面左上の歯車のアイコンから,項目設定やゲームのヘルプなどを見ることができます.今回大事なのは「プロフィール」と「オプション」です.「データの引継ぎ」も大事なのですが,これはTwitterやFacebookのアカウントが必要なのでいったん保留しておきましょう.

プロフィールでは,主人公の名前やコメントの変更ができます.ここでコメントを変更するとミッションひとつ達成です.この名前とコメントは,ほかのプレイヤーに送信される場合があるので注意してください.オプションでは,通知の有無やアジトで流れるBGMを変更できますが,ここで必要なのは画質設定です.始めたままの状態では,画質は「高画質」となっています.ですが,この状態ではバッテリーの消費量も大きいので,少し古めの機種では(もしくはバッテリーの消耗をより抑えたい人は)画質を標準以下にしておくとよいと思います.この変更時に一度タイトル画面に戻りますが,ゲームの進行は保存されていますのですぐに再開できます.

スタイル,クラス,マスエフェクト

ここからのミッションは,ゲームのプレイで重要な操作を覚えながらおこなう,いわゆるチュートリアルです.

アジト画面下部の『編成』ボタンを押すと,これまでに戦う前も出た,パーティ編成画面になります.下側に表示されているそれぞれのメギドは,宝石の色および宝石左上のマークで分類できることがわかるでしょうか.この宝石の色が【スタイル】,マークが【クラス】です.もしも同色,つまり同じスタイルのメギドが5体揃っていたら,その5体をパーティに編成しましょう.パーティを保存すると「5人のスタイルを統一しよう」のミッションを達成できます.揃っていなければあとあとで構いません.各メンバーの位置は,マスをタップして矢印を合わせた後に宝石を選んでタップすることで指定することができます.位置だけでなく控えメギドとの交代も同じようにします.

オーブはステージ1の途中で一度説明が出てきたと思いますが,編成画面の『オーブ』ボタンを押すとオーブの装備ができます.装備画面では『メギド』ボタンに変わるので,押せばまたメギドの選択画面に戻ります.オーブの装備も宝石の色,スタイルがかかわっており,ラッシュ(黒)のオーブはラッシュスタイルのメギドにしか装備できません.ここまでの召喚結果によっては,5体全員が装備できるだけのオーブがそろっていないばあいは,オーブの色に合わせてメギドの色を選んでみましょう.何とか5個は装備できるものが揃うと思います.これでパーティを保存すれば「オーブを装備しよう」「5人全員にオーブを装備させよう」のミッション達成です.

この編成画面で,配置したメギドの絵(宝石の絵でもかまいません)を少し長押ししてみると,左側のようなメギドのステータス画面を見ることができます.数字や細かい説明の中には,まだわからない単語が出てきていると思いますが,これは開いたメギドによっても様々ですのでこの記事では割愛し.次以降の記事で触れていきます.

今必要なのは,上の方に出ているMASS EFFECT の欄です.ここをタップするとさらにひとつ画面が出ます.これが【マスエフェクト】の説明画面です.画面には番号と説明文,そして「ラッシュ」「トルーパー」という単語があります.右側は試しに別のメギド,モラクスのマスエフェクト説明画面を開いたものです.開いた時点で,「ステータス画面を見よう」「マスエフェクト画面を見よう」のミッションがそれぞれ達成できます.少しその中身を見ていきます.

「ラッシュ」「バースト」は上で説明した宝石の色に対応する【スタイル】です.これにはラッシュ(黒),カウンター(オレンジ),スナイパー(水色)の3種類があります.

「トルーパー」は先ほど単語だけ登場した,マークに対応する【クラス】の一つです.これも3種類あって,ファイター(剣),トルーパー(槍),スナイパー(銃)となります.メギド達はこのクラスとスタイルの組み合わせて9種類,たとえばラッシュファイター,カウンタースナイパー,のようになります.

マスエフェクトは,条件に当てはまるような配置を選んだ時に,各メンバーに与えられる効果を表しています.たとえば下の画像左側は,初めから用意されている「バランスパーティ」を選択してみた場合.先ほどのマスエフェクト画面にあった数字と対応させてみると,3番(中央)のブネと4番(左から4番目)のウェパルの欄で,下のマークに色がついているのが見えると思います.この色がついているのが,マスエフェクトが効果を発揮している状態です.右側は,5人全員のマスエフェクトが2つとも効果を発揮している状態.下の宝石にもランプがついていて,ここに配置するとこのマスエフェクトが発揮されますよというお知らせになっています.

パーティの中央,3番に配置したメギド(右の画像ではビフロンス)のマスエフェクトだけがパーティ全体のマスエフェクトを決めます.ですので,誰をリーダーにするかがまず一つ重要になるのです.下にもう一度ビフロンスのマスエフェクトをのせます.リーダー自身は3番で,基本的には配置しただけで2つのマスエフェクトが発揮されます.1番と5番は同じ効果で,ここに「ラッシュ」のメギドを配置すると一つ目の効果,さらにそれが「ラッシュトルーパー」である場合は二つ目の効果が発揮されます.2番目と4番目も同様に,「ラッシュ」「ラッシュファイター」を配置すると効果が発揮されます.

リーダーをいろいろと変更してみて,マークの光りかたが変わるのを試してみてください.スタート直後の引き直し召喚で結果が変わってくるので確実とは言えませんが,パーティ全体で7つ以上のマークを光らせると「マスエフェクトを7つ以上発揮させよう」のミッション達成です.これも現時点で無理ならばあとでもっとメギドが増えてからで大丈夫です.

オーブの保護

編成が終わったら,アジト画面右上にある袋のアイコンから,アイテム一覧→オーブ と進んでみましょう.持っているオーブはこれまた召喚の結果でそれぞれ異なりますが,ひとつだけは確実にプレゼントとして配られています.それが右の【禁断の書】です.厄介なことに,この禁断の書は自分で召喚した結果ではないので見逃しやすく,そのうえ一度間違えて失ってしまうと二度と手に入りません.ということで,オーブをタップして,左上(間違えないで!左上です)の『保護する』をタップしましょう.ボタンが光って「保護解除」に切り替わっていれば成功です.これで,売却したり他のオーブと混ぜ合わせてしまう(合成といいます)ことができなくなります.他にもうっかりで失いたくないオーブはあるのですが,ちょっと種類が多すぎる上にこの時点で持っているとは限らないので省略します.この保護作業もミッションの対象です.

ミッション達成の続き&メギドへの贈り物

では,メギドへの贈り物ミッションを達成していきましょう.画面下の『強化』ボタンを押すと,下のようなメギドのリストと,矢印またはなにも入ってない黒いマスが表示されます.アジトに着くまでに,シャックスにキノコを渡して進化する,という操作を一度体験していると思います.矢印が付いているところには,今持っている贈り物をメギドに渡せることを表しています.少し先に進むと別のマークも現れますが,それはまた後の記事で.ひとまずここでは両方のマスに矢印が付いているバルバトスをタップして,シャックスの時と同じように両方の贈り物を渡せば,バルバトスを☆1から☆1.5に「進化する」ことができるようになります.

ここで注意することは,この矢印はあくまでも「その時点で渡せる贈り物」を表していることです.ある贈り物を1個しか持っていない場合でも,その贈り物が渡せるメギド全員に矢印が付きますので,その場合は誰か一人に渡した時点で残りの矢印は消えてしまうことになります.今ある素材のほとんどはすぐに再入手しやすいものですが,先に進めば手に入りづらいレアアイテムも出てきます.そういう時には誰が何を欲しがっているのか,しっかり確認しておいた方がいいでしょう.

さてバルバトスを☆1.5に進化させたところ,下の画像のように「マジックオイル」が渡せない(持っていない)ことがわかります.このマジックオイルをタップして「入手する」を選ぶと「3 ??????」となっていて,これはステージ3で手に入るものであることを示しています.現時点ではステージ2の途中なので,まだ取りに行くことはできません.

他のメギドの贈り物画面も見ていくと,モラクスのところに「地の穀物」という贈り物があることがわかりました.これも同様に「入手する」を選ぶと,「2 ナーエ村」が白く表示されています.白く表示されているステージは,タップするとそのまま挑戦画面に進むことができます.この操作でミッション「贈り物画面から直接取りに行こう」を達成です.ではせっかくなので,ステージ2を進めていきましょう!

ステージ2-3のヒントの意味,攻略作戦

基本的に,各ステージ最後には強力なボスが待ち構えていて,一度戦うまで姿やステータスを見ることはできません.そのかわり,ヒントを見ることができます.もちろんヒントに従わないクリア方法を取ることもできますが,倒した後にでも「あのヒントは何を示していたのかな」と振り返ってみると今後の役に立つかもしれません.

さて,ステージ2-3ではこのようなヒントが出ます.トルーパーは自分たちのパーティを組む際に見ましたよね.実は今までもそうだったのですが,敵にもスタイルとクラスの分類があります. ボスの姿は「?」ですが,黒地で槍のマークということは 「ラッシュトルーパー」だということがわかります.敵のスタイルにはほとんど意味がないのですが,反対にクラスはとても重要です.ここでは「トルーパーは後列を狙って攻撃してくるぞ!」とあります.後列とは何でしょうか?

3種類のクラス(ファイター,トルーパー,スナイパー)は,戦闘開始時に前列と後列に分かれます.この別れ方は決まっていて,ファイターとトルーパーが前列,スナイパーが後列です.じゃあスナイパーを狙ってと書けばいいのに…と思うところですが,それでは例外が出てくるのでこういう書き方になっているのです.とはいえ,この時点ではひとまず,「今回のボスはトルーパーなので後列(スナイパー)を狙ってくる」と理解しておけば問題ありません.

さて、この時点でオープニングから必ずメンバーに入っているメギドは「ブネ」「ウェパル」「シャックス」「バルバトス」「モラクス」の5人です.仮にこの5人でパーティを組んだ場合,後列になるのはバルバトス1人だけ.召喚の結果でほかにスナイパーが出なかった場合も,後列にはバルバトス以外のメンバーは配置できません.さて,その状態で戦うとどうなるでしょうか…

このように,後列のバルバトスが集中攻撃を受けてあっという間にやられてしまいました.ボスの体力もほとんどないので,もしかしたら先に倒せていたかもしれませんが,とにかくバルバトスへの攻撃を何とかするのがこのステージの攻略につながるだろうということが予想できます.ステージ1同様にバルバトスが回復役ですので,バルバトスが自分自身を回復させることが一番の手かと思うのですが,フォトンの偏りによっては覚醒ゲージを3つためる暇もなくやられる場合もしばしばです.

もしもスナイパーがほかにもいれば,ボスは後列のスナイパーをランダムに攻撃してきます.あるいは,いっそのことスナイパーを入れない(全員をファイターかトルーパーにする)という手を使えば攻撃対象は前列5人からランダムに選ばれます.この手段が取れれば,攻撃が分散して一人が倒されるのを遅らせることができるでしょう.この,前列または後列にいる人数を調整するというやり方はとても重要ですので覚えておくとよいでしょう.

とはいえ,全員を前列でそろえたら回復役は?運良く召喚で前列に配置できる回復役が手に入ればよいのですが,そうとも限りません.そのような場合の1つの作戦は,バルバトスをリーダーにすることです.リーダーにするということの意味は先ほど見ましたか?そう,マスエフェクトを発揮するのです.バルバトスがリーダーの場合,マスエフェクトはこうなります.

毒が無効になる、は今回毒を受けないので関係ありませんが,もう一つの効果「覚醒に必要なゲージを-1する」がとても重要です.バルバトスをリーダーにすると,バルバトス自身の覚醒ゲージが3から2になります.つまり,奥義をより早く使えるようになるのです.とくにこの「奇数から偶数になる」ということの効果はとても大きく,奇数だとチャージフォトンの+2を繰り返して1余らせるか,アタックフォトンで+1を1回付け加えるかしなければなりませんが,偶数だとチャージフォトンでぴったりゲージを溜めることができます.さて,では実際にバルバトスをリーダー(中央)にしてもう一度戦ってみましょう.

バルバトスの覚醒ゲージが2になっていることが確認できます.そして,チャージフォトンを渡した時点ですでにゲージが2になりますので,次のアタックフォトンでは奥義が発動して回復ができるわけです.1ターンで配ることのできるフォトンが全体で5個(しかも出てくるフォトンはランダム)ですので,フォトン2個でそのターン中に奥義の発動までもっていけるようになるのはとても有利な展開に持ち込みやすいのです.ちなみに上の画像では,同じく覚醒ゲージ2(こちらはもともと)のゼパルもチャージフォトンとアタックフォトンで奥義の体勢に入っています.

新たな仲間「ガープ」とその能力

さて,ステージ2を仮に銀でもよいので突破していた場合,アジトには仲間が加わっているはずです.それがガープ.

ガープのスキル「ザ・ウォール」は,味方をかばうという状態になることができます.かばうの状態になると,単体への攻撃を代わりに引き受けることができます.(単体に,ということは,全体への攻撃もあるわけで,それはかばうことができません)贈り物を集める意味でも同じステージへの再挑戦はよくあることですので,ガープをパーティに入れて戦ってみましょう.すると

このように,バルバトスを狙った攻撃をガープが代わりに引き受けてくれます.ガープは防御力や体力に優れており,さらにダメージを一定の割合軽減する能力もありますので,集中して攻撃を引き受けてもすぐには倒れません.ガープがかばっておき,その間にバルバトスが奥義で回復できるようになったらガープを回復してやれば,こちらのダメージはほとんどなくなってしまいます.この作戦は今後の定石ともいえる形の一つですのでぜひ使ってみてください.

広告